ブログ記事

  • 2020年1月17日
  • 2020年1月17日
  • 0件

眼瞼下垂が表情筋の緊張バランスに与える影響

このモニターさんをご覧ください。右が眼瞼下垂なのはすぐにわかりますね。もう1つ注目していただきたいのが顔の表情筋のバランスです。ほうれい線の深さを見てください。 右のほうれい線が深いです。唇の先を見てください。 口先が右に偏っています。 眼瞼下垂になると表情筋がこわばる 眼瞼下垂で 眼輪筋 上唇鼻翼挙筋 前頭筋 の緊張が強くなります。 ミュラー筋への負荷が顔面神経の興奮をもたらす 眼瞼下垂になると […]

  • 2020年1月10日
  • 2019年12月23日
  • 0件

マラソンでできた足裏のまめ(外傷性水疱)私の経過。グロ注意

(豆、まめ、マメ)って「肉刺」って書くんですね。 由来はなんでしょう? さて、私、左足のうらに親指サイズ台の大きな水ぶくれを作ってしまいました。 さいたま国際マラソン(フル)でね。 どのように治療したら、速やかにリカバリーできるでしょうか?失敗は学ぶチャンスです。 繰り返される物理的なストレスで皮膚が損傷し、水ぶくれができるのですね。表皮が浮き上がり、その下に水がたまります。 なお、この記事には痛 […]

  • 2020年1月1日
  • 2019年12月23日
  • 0件

謹賀新年 令和2年で西暦2020年

あけましておめでとうございます 今年はオリンピックイヤーで、皆さんの気持ちも昂っている事でしょう😄 あなたはどのスポーツに注目していますか? 私はマラソンとバドミントンです😄 感動したり、残念がったり、一喜一憂して楽しみましょうね😱🔥   ところで、昨年もいろいろな事が皆さんにあったと思います。 私にとっての「昨年の印象的な出来事」を1つ挙げるとすると、 10月の「台風」でした。多くの爪 […]

  • 2019年12月27日
  • 2019年12月26日
  • 0件

眼瞼下垂の手術の効果はいつまで続く?

「眼瞼下垂の手術の効果はいつまで?何年持ちますか?」 よく聞かれる質問です。 これに対して、はっきり「何年」と回答することができません。 手術をしたその日から、まぶたはジワジワと劣化していきます。顔面骨も萎縮し、眼球も落ち窪んで行くでしょう。 関連記事:「加齢と奥目と眼瞼下垂」 若くて目がぱっちりしていた時を「10』とし、まぶたが下垂しきって完全に目が閉じてしまう状態を「0」と定義します。加齢とと […]

  • 2019年12月20日
  • 2019年12月20日
  • 0件

まぶたの手術後に起こる「術後けいれん」て何?

まぶたの怪我や手術後に生じるけいれん まぶたの手術後(埋没法含む)やまぶたの怪我の後に生じる、目周りの痛みや違和感です。若いヒトに見られます。現在においては、学術的にコンセンサスが得られている病態ではありません。 まぶたの診療に携わる医師が経験しており、医師同士で情報をシェアしています。しかし、なかなか学術的にオープンな場で議論するには至りません。何故ならば、病態の定義や診断についてあまりにも感覚 […]

  • 2019年12月13日
  • 2019年12月22日
  • 0件

足の裏の水ぶくれが痛い、さいたま国際マラソン2019

やらかしました。 足の裏の水ぶくれ(blister)。第五回さいたま国際マラソンでフルマラソン(42.195km)に挑戦した時です。 第五回さいたま国際マラソン 結末はあっけなく訪れたのです。 スタートして間もなく足裏に妙な違和感を覚えました。 靴下にシワが寄ってるかな??まあ、走っているうちに治るかなあ。。。 なんて思いつつ気を紛らわせていましが、10kmくらいでしっかりと鈍い痛みに進化してきま […]

  • 2019年12月9日
  • 2019年12月9日
  • 0件

雑記:高校生ラグビー埼玉県予選

高校生ラグビー埼玉県予選決勝 大勢の老若男女の歓声がこだまします。 誰も座っていない向こう側のスタンド(観客席)から跳ね返ってくるのです。 舞台は高校生ラグビー埼玉県予選決勝。 私の母校、浦和高校が優勝。花園への切符を手にしました。 相手は第二シードの川越東高校。試合中にだんだん切れ味が増してきて浦和高校が防戦気味に。 どうにか逃げ切りました😀 ほっと胸をなでおろしつつも一緒にきた仲間とハイタッチ […]

  • 2019年12月6日
  • 2019年12月6日
  • 0件

眼瞼挙筋(がんけんきょきん)とは

まぶた治療関係者は「挙筋(きょきん)が〜」などと呼びます。 眼瞼下垂症の手術中に、「挙筋が動いてない」「挙筋が外れてる」「挙筋に麻酔が効いちゃった」とか聞こえる時があります😅 眼瞼挙筋って何でしょう? 結論から言うと「まぶたを持ち上げる筋肉」です。 でも、まぶたを持ち上げる筋肉はいくつかあるのです。 眼瞼挙筋:動眼神経支配 ミュラー筋(Müller’s muscle):交感神経支配 前 […]

  • 2019年11月29日
  • 2019年11月29日
  • 0件

眼瞼下垂の手術に適した年齢とは?適齢期ってある?

眼瞼下垂症手術の決断の時期は?適した年齢は? 「手術はもっと年取ってからの方がよいのでしょうか?」 「手術しても、どうせまた下がってくるだろうからギリギリまで我慢した方がよいのでは?」 よくある質問です。 先日は「手術は押し売りはしない」といいました。 が!しかし、 実は少々早い方がメリットが多いのです。なぜかって? 早めに手術をすることのメリット 若いうちはまぶたの皮膚がスウェット生地なのです。 […]

  • 2019年11月22日
  • 2019年11月29日
  • 0件

眉の高さ(位置)を制御するのは前頭筋だけではない。眼瞼下垂との関連について

眉の高さが眼瞼下垂の程度で変わる 「眼瞼下垂術後におでこのシワが浅くなったけど、目尻のシワが増えました😅」 このような変化はよく起こります。眉の位置が術後に下がることが原因です。 眼瞼下垂になると前頭筋にチカラが入って眉が上がり、おでこジワができます。狭くなる視野を補おうとするバックアップシステムでしたね。まぶたの前葉を持ち上げて視野を確保しようとする、自然なかつ合理的な身体の反応です。 一方、眼 […]