顔面移植はSFか?この記事が提起する数々の問題について議論を深めていこう

「顔面移植」をうけた21歳の女性の記事が提起する数々の課題

自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」ーNewsweek日本版

”まだ10代であった彼女は銃口を顎に当て、引き金を引いた。失恋したショックだった。兄の所有する銃だった・・・・”

脳の損傷を避けた彼女は一命をとりとめるも顔の大部分を失っていた。太ももの皮膚やスネの骨で顔を再建したが「人の顔」ではなかった。顔面移植の機会を手に入れ、一大決心をして踏み込むことになる。顔の皮膚だけではない。上顎、下顎、軟口蓋、歯列も含まれるのだ。

彼女のストーリーが雑誌で記事になった。「ナショナルジオグラフィック」である。定期購読で届いた「日本版」ではその記事は採用されなかったようだ。(2018年11月号に掲載された。)形成外科医として興味を抱いたわたしはナショナルジオグラフィック2018年9月号(オリジナル版)を入手した。

ナショナルジオグラフィックの表紙
同じ「月」だけど扱われるテーマが違う

臓器提供者から切り離された顔面がトレーに乗って天井を向いている。執刀医を中心にギャラリーが取り囲み、写真や動画を撮影している一コマだ。ある種の倫理観からか?動揺を覚えることを禁じ得ない。

科学技術の進歩と限界

無事に移植は成功。リハビリテーションと修正手術を重ねて彼女は一歩一歩前へ進んでいる。応援したい気持ちで感極まる。

しかし、「顔面移植」といっても空想の世界のそれとは大きく異なり、「整った顔」には残念ながらならない。顔の動きもぎこちなく、臓器提供者の顔の雰囲気は微塵も感じられない。顔面神経をつないでも元のように自在に動かすことは不可能(現在の医療技術の限界)。移植前は幾分かの喜怒哀楽の表情ができたが、移植後は仮面の様になる。このことは移植前に十分に説明されていた。

今後は拒絶反応を抑える治療を継続する必要がある。それでも拒絶反応や感染症、発がんのリスクは隣り合わせだ。舌の動きもまだまだらしい。眼球の位置の修正も必要。闘病は永遠に続く。

さて、どのような結果になったかは以下のYoutube(クリーブランドクリニックの動画とナショナルジオグラフィックの動画)をご覧になっていただきたい。どの様な感想を持つかは個人それぞれでだろう。

一方、同じように顔面移植を受けた患者と面会する一コマがある。同病を持つ人と情報を共有する機会を持つのは大変心強いものだろう。

この記事が提起する問題

「科学技術」だけではなかった。

  • 銃の問題:身近にそれがあるということ
  • 自殺企図の患者:ふたたび自殺を企てる可能性は?実際に過去に顔面移植を受けた人が自殺している
  • ドラッグの問題:臓器提供者は薬物中毒だった
  • 医療費の問題:保険は適用されない。今回は軍がサポートした
  • 今後も周りのサポートが必要:彼女が天寿を全うするまで
  • 刺激的な内容を記事にすること:切り離された顔が写真で掲載されている
  • プライバシーの問題:移植を受ける患者と臓器を提供する人のプライバシー

これらの課題の対する「正解」」はない。が、議論は継続する必要はあるだろう。これだけのコンテンツを盛り込めるナショジオ社、さすがだ。

ここからは個人的な勝手な「邪推」になるが、もしか、万が一、ナショジオ社が直接的もしくは間接的に資金的な援助を行なっている可能性だ。「ジャーナリズム」が「一個人の人生」への影響を与えるのだ。あなたはどう思う?

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクと利益を冷静に評価したいですか?”
当然ですよね。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話を盛り込みました。嘘偽りのない真実です。まぶた治療に誘導するものでもありません。適性のない人はむしろ治療をしない方向に誘導するくらいですよ。

まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG