CATEGORY

逆さまつげ

  • 2019年2月1日
  • 2019年2月1日
  • 0件

「下まぶたの逆さまつげ」の手術の傷跡はしばらく赤くなります

手術で皮膚を切ると、傷跡はしばらく硬く、赤くなります。全ての部位の皮膚で、切開した傷は例外なく赤く硬くなる時期があります。 そして、半年から1年程度経て、元の肌色と柔らかさを取り戻していくのです(傷は残ります)。 傷が治るプロセスで起こる反応 傷が治るプロセスで、コラーゲンの塊が形成され、組織を修復する細胞たちが集まってくるのです。足場が建設されて、そこに人材やショベルカー、ブルトーザーがやってく […]

  • 2018年4月13日
  • 2019年1月5日
  • 0件

「逆さまつげ」(上まぶた)は目だけじゃない、まぶたの表面や中身を壊す

上まぶたの逆さまつげ(睫毛内反) 子供のころからの悩みですね。😢 上まぶたの皮膚がまつげの上に覆いかぶさってしまいます。 いわゆる「ひとえまぶた」におこる現象です。 まつげが目の表面にあたり、目の表面を傷つけます。症状は 「しょぼしょぼ」感 目のかゆみ 目の痛み 目やに その結果、まぶたをゴシゴシ擦ってしまい、まぶたの皮膚がガサガサになっている人もいます。 つまり、目の表面だけでなく、まぶたも損傷 […]

  • 2017年6月20日
  • 2019年1月5日
  • 0件

逆さまつげ(睫毛内反:しょうもうないはん)の治療は?

まつげが目の表面にあたってしまう「逆さまつげ(睫毛内反:しょうもうないはん)」。目の表面を刺激して傷つけてしまいます。対処が必要です。 患者さん 下まぶたの逆さまつげの治療情報がネット上でほとんど見つけられなかったんです・・・・ とある、内反症の患者さんの声でした。そういえば、「逆さまつげ」をこのブログで取り上げたことはほとんどなかったことに気づきました。失礼いたしました。 「逆さまつげ」は3種類 […]

  • 2015年6月15日
  • 2017年6月5日
  • 0件

逆さまつげ治療で頭痛が改善した?

こんにちは、埼玉県上尾市の金沢@おおたけ眼科上尾医院です。 [voice icon=”https://manabuta.jp/wp-content/uploads/2017/05/woman_question.gif” name=”名無し” type=”r”]「手術をしてから頭痛が無くなった・・・・」[/voice] 術後フォ […]

  • 2012年6月19日
  • 2016年2月2日
  • 0件

マブタのトラブルは若者にも

金沢です。   まぶたの垂れ下がりにより肩こり頭痛が出ることは知られるようになってきましたが、実は加齢によるだけでなく若い人にも同様のことが生じることがわかっています。   コンタクトレンズ眼瞼下垂症 コンタクトレンズを長年にわたって使用していると瞼の構造に緩みが出てきて眼瞼下垂が進行します。 これは物理的な刺激によるもので、瞼を持ち上げる眼瞼挙筋の付着部が緩んで力が伝わりにくくなった状態です。 […]

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG