CATEGORY

雑誌・書籍

  • 2018年10月12日
  • 2019年1月11日
  • 0件

『まんが医学の歴史』レビュー

『まんが医学の歴史』(作:茨木保/医学書院) ずばり永久保存版です 近代医学のルーツです。実は医学生はこの辺りの知識が乏しいです。国家試験に出ませんし。。かく言う私も医学の歴史はよく知らない。恥ずかしながら野口英世の伝記を読んでいたくらい。 この漫画は教えてくれます。医学の歴史は人が喜び、悲しみ、努力、運が折り重なって進歩してきたこと。 ペスト、種痘、消毒、・・・それぞれに壮大なドラマがあり、過去 […]

  • 2018年9月21日
  • 2018年12月23日
  • 0件

顔面移植はSFか?この記事が提起する数々の問題について議論を深めていこう

「顔面移植」をうけた21歳の女性の記事が提起する数々の課題 自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」ーNewsweek日本版 ”まだ10代であった彼女は銃口を顎に当て、引き金を引いた。失恋したショックだった。兄の所有する銃だった・・・・” 脳の損傷を避けた彼女は一命をとりとめるも顔の大部分を失っていた。太ももの皮膚やスネの骨で顔を再 […]

  • 2018年9月3日
  • 2019年2月18日
  • 0件

書籍『まぶたで健康革命』眼瞼下垂と頭痛肩こりの関連が一般向けに解説されているが結局難しかった😅

「頭痛・肩こりの原因がまぶたにあった・・・」 『まぶたで健康革命』松尾清著 1300円+税 小学館   「下がりまぶたを治療したら患者さんの頭痛・肩こりが治った・・・・」 ここが著者、形成外科医の松尾清先生の研究の出発点。 まぶたには自覚できない感覚、固有知覚がある。この知覚が命の中枢、脳幹を刺激していた。まぶたを挙げ続けたり、覚醒するために必要なまぶたの固有知覚。 下がりまぶた(眼瞼下 […]

  • 2017年5月12日
  • 2019年1月11日
  • 0件

宇宙ステーションのキャプテンしてみないか?

こんにちは、金沢です。 宇宙飛行士、若田光一氏のリアル人生を垣間見る本。   『一瞬で判断する力』若田光一著 リアルタイムに迫るトラブルにその時点で最適解を導き出すリーダー。うまくいかないと宇宙では大トラブルに発展する!その危機管理の考え方をまとめた本。 一瞬で判断するために必要なこととは?「想像」「学ぶ」「決める」「進む」「立ち向かう」「つながる」「率いる」をキーワードに展開します。 […]

  • 2017年1月17日
  • 2019年1月11日
  • 0件

眼瞼下垂でヘトヘト、、、まぶたを休ませないと脳が疲れちゃうよ

こんにちは、金沢です。 「あなたは何時間寝ていますか?」言い換えると 「一日に何時間まぶたを開ける努力をしていますか?」 まぶたが脳や身体の疲労に繋がってるとは・・・・想像できませんよね。 あなたは脳の疲れを毎日解放できますか?先ずは下の書籍を紹介。 『すべての疲労は脳が原因』 梶本修身 集英社新書 756円 脳は疲労している。 仕事をするときも運動するときも、緊張したり集中したり、でドキドキ・・ […]

  • 2016年11月29日
  • 2019年1月11日
  • 0件

ブドウ糖はロマンだ

『炭水化物が人類を滅ぼす ー糖質制限からみた生命の科学ー』夏井睦著 光文社新書(880円+税)   糖質制限に興味のない人はいないだろう。 「簡単に痩せることができる」 「健康になる」 なんて本当だろうか? 「リバウンドする」 「早死にする」 などと否定する意見も見られる。 「そもそもご飯をやめるなんてできないし〜」という人には、まずは糖質制限のからくりを科学的論理的に検証した本書をお勧 […]

  • 2015年6月24日
  • 2018年4月6日
  • 0件

初期の松尾理論が分かる書籍|眼瞼下垂症

こんにちは、金沢です。 オープンテラス付きのパン屋さんが出現しました。 ここ埼玉県も長〜い梅雨のなか、今日は晴れてて暑いですね。 埼玉県でもここ深谷市は熊谷市の北隣。暑さは言うまでもなし。 夏の昼間にこのオープンテラスでパンでも食べようものなら熱中症になることが約束されます。 書籍レビュー追加しました。 ややこしい松尾理論を解説してくれてます。  

  • 2013年1月11日
  • 2019年1月11日
  • 0件

小さな細菌の世界

  「小さな細菌の世界」ナショナルジオグラフィック 連鎖球菌の写真。電子顕微鏡の画像に着色したもの。実に繊細に細部まで表現されています。こういった写真のおかげで小さな世界に対する想像力が助けられますね。 微生物の存在自体がなかなかわかりにくいのはそもそも培養できないものが多い。が、近年DNAの塩基配列を調べることでその環境に存在する微生物を丸ごと研究できるようになったとのこと。 そんなわ […]

  • 2012年7月2日
  • 2019年1月10日
  • 0件

まぶたで健康革命

「まぶたで健康革命」 眼瞼下垂症とその随伴症状について生理学的な観点から説明しています。 眼瞼下垂がなぜ肩こり頭痛をもたらすのか? どうすればそれらの症状を軽くできるのか? 筆者の松尾清先生にお会いしたとき、「私は生理学者ですから・・・・」とおっしゃっていたのが印象的です。 膝蓋腱反射と同様にまぶたにも組織の伸張を感じ取るセンサーがあり、筋(前頭筋、眼輪筋、眼瞼挙筋・・・)の収縮が反射的にもたらさ […]

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG