CATEGORY

先天疾患

  • 2015年6月22日
  • 2019年1月6日
  • 4件

眼瞼下垂症治療における筋膜移植術の克服すべき課題

筋膜移植術の限界についてのお話 片側の先天性眼瞼下垂症のメール相談がありました。 片側のみ筋膜移植術治療を受けたが左右差と自然な瞬きができないことが気になる。他の術式で治せますか? 一般的回答としては、 眼瞼挙筋が動かないのであれば筋膜移植が適応になります。筋膜移植をするとまぶたを挙げる動きは生理的でないので、瞬目(まばたき)も不自然になります。 となります。 瞬目(まばたき)の際、「健常」もしく […]

  • 2012年7月13日
  • 2019年1月10日
  • 0件

宇田川先生

金沢です。 写真中央は、宇田川晃一先生です。小児の形成外科手術では本邦でもっとも多くの経験を持つ医師の一人です。 漏斗胸手術の応援に来ていただきました。 胸腔鏡補助下にチタン製のバーを胸に挿入して胸骨を持ち上げます。ナス法(Nuss法)などとも呼ばれます。 手慣れた手つきで無事終了しました。これから患者さんの術後経過を慎重に見守ります。

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話も盛り込みました。


まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG