YouTubeで手術動画の削除措置を受けた経験から学んだこと

  • 2020年10月16日
  • 2020年10月16日
  • コラム

子供が”ユーチューバー”になりたいと言ったら親としてどうアドバイスしますか?

実は私、アップロードした動画を削除される経験をしました。

そこから得られた教訓、それは「ある程度は仕方がない。依存しないこと」でした。

YouTubeから事前の警告もなく私の動画が突如削除

「ガイドラインに違反した」とのこと。

内容は粉瘤(表皮嚢腫、アテローム)の摘出手術です。

私の指導医の小泉正樹先生に教わった術式「小切開粉瘤摘出術」。

小さな切開から摘出します。傷跡が小さくなります。眼から鱗の極めてスマートな術式。

この術式は是非とも世の中でシェアしたいと思っていました。

そしてその機会が訪れ、患者さんの協力を得て撮影。

一生懸命に作成した動画をアップしたのでした。

それがある日忽然と消えたのです…

本当にショックでした😭

YouTubeにはガイドラインがある

リンク:コミュニティガイドライン

  • 著作権の問題
  • 刺激的な内容(子供の目に触れても大丈夫か?)
  • 詐欺
  • スパム
  • その他

これはよく理解できます。

放っておくと無法地帯になるのは目に見えていますから、監視することも大事です。

一方私の手術動画は刺激的なのは事実。対象年齢は18歳以上に設定しました。

かつ血の生々しい雰囲気をなくすためにモノクロに仕上げたのです。
未だに大きな切開デザインで摘出されている人が多いのが現実。医療関係者に知ってもらいたいと思い、タイトルに「医師向け」と筆頭に追記していました。
なお、マネタイズ(視聴実績からの収入)もしていません。

それでも、ガイドライン違反と突然判定されたのです(アップロードしてから2年以上経過していました)。

ではなぜ復帰したのでしょう?それはガイドラインに違反していなかったから

実はAIによって機械的に判断削除する措置が取られていたのです。新型コロナの影響とのこと。

したがって、違反していなくても誤って「ガイドライン違反」と判定されてしまうことがあるのです。

申し立てを行い、ガイドラインに違反していないことを運営側の「人」が確認し、復帰します。

ところが!

それでも2度目の削除を受けたのです…そして復帰…

またまたAIが自動で判定しちゃったのですね。

心が折れそうになります。

3度目もあるかもしれません😨

その動画がこちらです。興味のない方、刺激物に弱い方は見ないでくださいね。

今回の経験から得られた教訓

たしかに微妙なコンテンツではあります。けど類似のコンテンツで、かつカラフルに血生臭い動画が無数に存在するんです。
大丈夫だと思ってしまった私も浅はかでしたね😢。

第三者のプラットフォームを借りるリスク

単体の動画だけでなくアカウントそのものが削除される可能性も。
  • ガイドラインに基づいて
  • 誤判定を受けて
  • 通報により
  • 政策としてアプリ使用禁止措置

このような要因で削除されます。

機械判定ではミスもあります。

ありとあらゆる表現には利害があります。通報されることもあり得ます。

某国のようにアプリ自体が国で使用できなくことだって。

そもそも、

ガイドライン違反に抵触するかどうかは運営側が決めることであって自分ではありません。
「科学的に倫理的に思想的に自分が正しい」と考え、事実95%の国民から支持されても、運営がNoといえばそれで終わり。

自己表現の場を他社のプラットフォームに依存することのリスクを認識したのでした。

YouTubeさんを非難しているわけではありません。

むしろ今後このようなことは増えるでしょうから、利用者側がこれを理解する必要があります。

YouTubeさんも限られた人員で対処しているのでしょう。

ガイドラインを無視した身勝手なアップローダーもいることでしょうからね。

パトロールの大変さをお察しします。

子供がYouTuberになりたいと言ったら?

私ならこう答えます。

「仕事の場をたったひとつのプラットフォームに依存しないようにしようね☝️」

かな?

あなたはどうします?

YouTubeは医師にとっての学びの場になっている?

こんな記事がありました。

GIGAZINE

毎月20億人のユニークユーザーを抱え、1分当たり500時間分のムービーがアップロードされるというYouTubeは、もはや…

無数にある外科手術のコンテンツ。これらの質を評価していないので、誤った情報が拡散するリスクは確かにあります。

今後規制の対象になる可能性もありますね。

追記

私は粉瘤切除の専門家ではありません。「こういう摘出の仕方もあるよ」という提案の動画でした。

粉瘤相談は近くの形成外科か皮膚科へ。

 

眼瞼下垂完全ガイド

「眼瞼下垂って放置するとマズい?眼瞼下垂手術の危険性は?」

あなたのカラダは乗り換えができない唯一かつ一生モノの乗り物。あなたのカラダの事を最大級に真剣に思ってくれるのは、あなた自身に他なりません。

\\まぶたはあなたの命//

無料で「完全ガイド」を手に入れる

LINE版はこちら!(4日間短縮バージョン)(無料)

515人の方が受け取り済みです。

「ネットでの情報収集に疲れた…」「大きなリスクを回避したい」と思う方は、上☝️のボタンから次のページへお進みください。

本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワー…

youtubeから削除された
最新情報をチェックしよう!