美容外科学会パネリストとして参加

さる7月3日、141回日本美容外科学会学術集会にてパネリストとして招聘され参加してきました。

タイトルは『挙筋の前転量を控えめにする全切開法眼瞼下垂手術ー広く受容される術式を求めてー』。

併発症(合併症)の頻度を減らすための提言をさせていただきました。

アメブロ記事はこちら