キズの赤み

こんにちは金沢です。

christmas in austin / pixajen


丁度冬至を過ぎて闇の時間が最も長い時期となっています。

個々の住宅のライトアップされたクリスマスの照明がチカチカと瞬いてます。
暗い中でより一層映えますね。
新しい年を迎える胸騒ぎを覚えます。

さて
クリスマスカラーと言えば

「赤」

形成外科手術で傷の赤みがとても長引くことがあります。
手術後間もない2、3ヶ月くらいは、
入浴や飲酒などで、傷のまわりの肌がぱーっと赤く染め上がるように発赤することがあります。
ピークは3ヶ月くらいでその後徐々に何ヶ月もかけて落ち着いていきます。
血の巡りがよくなったときに赤く染め上がる現象は個人差があり、一年経ってもこの現象が出るヒトもいます。

予防法ないし対策はないかと聞かれますが、、
現在はありません・・・

気にせずに温泉とか出かけましょう!

深谷赤十字病院 形成外科
y-kanazawa@fukaya.jrc.or.jp

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクと利益を冷静に評価したいですか?”
当然ですよね。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話を盛り込みました。嘘偽りのない真実です。まぶた治療に誘導するものでもありません。適性のない人はむしろ治療をしない方向に誘導するくらいですよ。

まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG