いまだにあったことが信じられない東日本大震災

ギシ・・ギシ・・ギシギシギシギシ・・・

あの日は外来診察中でした。目下患者さんと対面していました。

ゆらゆらと建物が軋みだしました。外来棟は新しく、倒れそうな棚もないため、さしあたって危険なものも見当たりませんでした。

揺れが収まるのを待ち、診察を再開したらまた揺れ始め・・・・

「大丈夫ですか?」

(シーン)

外来の待合の人々に声をかけたら意外にもみな冷静沈着だったのには救われました。あの時の情景はきめ細かく記憶に刻まれています。

ヘリコプターから撮影された、津波が田園風景を飲み込んでいく姿・・・

外来のスタッフルームのテレビにまざまざと映し出されており、動悸が収まりませんでした。

あれから6年。

いまもってなお、言葉にできない悲しみがあります。

「自分が現場にいたら何ができた?」

問いたところで、絶望感に打ちひしがれるだけです。

今の僕らにできることは

その事実を次世代に語り継ぐこと。それをどう解釈するかはその時代の人に委ねます。

視察の記録

2013年に石巻赤十字病院を訪問した際の視察の記録の一部です。

石巻市立雄勝病院
石巻市立雄勝病院

入院患者さんと多くの職員が犠牲になりました。ご冥福をお祈りいたします。

雄勝病院の待合と受付と思われる。
待合と受付。
無影灯
手術室の無影灯

手術室の無影灯。まだ何かを照らそうとしている姿が物悲しい・・

 

横倒しになったビル。
横倒しになったビル

ずっしり重量感のあるコンクリートの塊がごろりと横になっている。周りが整地されていく中でこのビルだけが時が止まっている・・・

2013年当時、女川町の横倒しのビルは保存するかどうか議論中でした。

が、解体されたらしい。時代は前に歩みだしたようです。

 

あなたはあの日、あの時、何をしていましたか?

 

 

 

 

 

 

無影灯
最新情報をチェックしよう!
>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”眼瞼下垂治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師金沢はなぜ自ら眼瞼下垂症手術を受けようと思ったのか?その経緯は?”
”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

個人的な体験、解釈、裏話もあります。

まぶた教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG