ロード&ゴー

JPTECプロバイダーコース受講しました。

Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care

「病院へ搬送される前の全身評価と命にかかわる損傷への対処」

主に救急隊員、救命救急士を対象に開催される教育プログラムです。

救急要請があり、救急チームが現場に到着したら可及的速やかに重症度を判定し、命にかかわる損傷部位の応急手当を行う。

すみやかに行われるほど救命の確率が上がります。

病院へ到着する前から戦いが始まっていまるのです。

わずか2分で網羅的に評価を行うことが目標とされていますが、日頃救急に縁のない私にはかなり難しいです。

ええとええと・・・と考えながら評価を行うのであっという間に10分が経過してしまいます。

しかし、同じグループに属する消防隊員の清水忠(写真左)さんはすこぶる流れるように評価を行いました。さすが!

救急隊員の皆さんはスムーズにこなします。やっぱり餅は餅屋ですね。

縁あって院内の救急医師長島真理子先生(写真右)の勧めで受講しました。

ヘルメットの離脱、車外救出など目新しいこともたくさん学びました。

ちなみに「ロード&ゴー」

とは生命の維持に危険がある場合、小さな損傷に目をつむって、可及的速やかに処置を行いつつ搬送することです。

「ロード&ゴーを宣言します」

とリーダーが宣告したらチームは一丸となって協力し合い、一刻を争って傷病者に当たります。

youtube動画です。バックボードに乗せつつ背面の観察を行います。

出血部位の処置もしていますね。無駄なく漏れなく、早く、安全に。

最新情報をチェックしよう!
>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”
当然です。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話も盛り込みました。心配なさならいで。まぶた治療に誘導するものでもありません。

まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG