間違ったメーク落としをしていませんか?それがまぶたのたるみ(眼瞼下垂)を加速します

毎日のメーク落としは大変!面倒。しかし、これを雑にすると大変なことに。毎日メークしていると、1年で365回。10年で3650回、40年で14600回のメーク落としになります。誤ったメーク落としをしていると・・・・・まぶたがたるんできます。
あなたのその間違ったメーク落としがまぶたに深刻なダメージを与えます!
あなたのその間違ったメーク落としがまぶたに深刻なダメージを与えます!

まぶたを老化させない「メーク落としの方法」を覚えれば、まぶたの老化を遅らせることができます。

ゆう
まぶたの老化とは?そう、、、眼瞼下垂症ですね

眼瞼下垂を引き起こす、間違ったメーク落としとは?

ゴシゴシこすることです。その結果、まぶたが緩んでたるんできます。

まぶたにとっては化粧をしないのがベストですが、そうも言ってられませんよね。

なぜメーク落としがまぶたのたるみ(眼瞼下垂)を加速するのか?

まぶたの中の構造はとてもゆるゆる(ルーズ)にできています。

まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋(がんけんきょきん)がまぶたのフチに連結しています。しかし、これが手足の骨格筋のようにがっちりつながっておらず、元々ゆるゆるに繋がっているのです。

まぶたの構造

まぶたへのたび重なる引っ張りストレスにより、徐々にまぶたの構造が伸びてしまいます。そして戻らなくなります。

伸びたパンツのゴム状態です。眼瞼挙筋がまぶたを持ち上げられなくなります。

コンタクトレンズ着用やまぶたをこする習慣のある人はまぶたがたるみます。

正しいメーク落としとは?

まぶたを引っ張ったり擦ったりしないことです。(間違ったやり方をしなこと😁ね)

専用のクレンジング剤やリムーバーを使ってメークを溶かす

ウォータープルーフの成分は石鹸では落ちません。無理にこすって引き剥がすことをしないように。溶媒で溶かし出しましょう。成分はアルコールやオイル、クリームなどがあります。

きめ細かく泡立てたソープで優しく洗う

溶かし出す効果を強め、泡落ちを良くし、すすぎによるストレスを減らすためです。

キメの細かい泡を作ることができますか?
キメの細かい泡を作ることができますか?

ピンポイントでは綿棒などを使う

特にアイラインなど落としにくい部位はつい擦りがち。

水気を拭う時も擦らない

タオルを優しく押し当てて水気を吸い取りましょう。

まとめ

適切にメーク落としをすることでまぶたの老化を遅らせましょう。あなたのまぶたは一生モノです。大事にしましょう。

おまけ

お湯で落とせるマスカラもあります。

落としやすいメーク材料を使うのもまぶたのたるみを予防する手段になります。

取材協力

千春皮フ科クリニックのスタッフの皆さん

追伸

ひとたび伸びてしまったまぶたのたるみは自然には戻りませんが、治療は可能(眼瞼下垂症治療)です。専門の医療機関で相談してください。

 

CTA用眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではありません。

”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

”そもそも眼瞼下垂の予防法はないのか?”

さらに踏み込んだ内容を形成外科専門医が説明します。

教室をのぞいてみる

教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。

あなたのその間違ったメーク落としがまぶたに深刻なダメージを与えます!
最新情報をチェックしよう!