雑記:高校生ラグビー埼玉県予選

浦和高校ラグビー部

高校生ラグビー埼玉県予選決勝

大勢の老若男女の歓声がこだまします。

誰も座っていない向こう側のスタンド(観客席)から跳ね返ってくるのです。

舞台は高校生ラグビー埼玉県予選決勝。

私の母校、浦和高校が優勝。花園への切符を手にしました。

キック
ゴールへ届くか?

相手は第二シードの川越東高校。試合中にだんだん切れ味が増してきて浦和高校が防戦気味に。

どうにか逃げ切りました😀

ほっと胸をなでおろしつつも一緒にきた仲間とハイタッチ🙌

浦和高校ラグビー決勝
お馴染みのあれ

浦和高校のメンバーには3年生も含まれています。これから大学受験という時ですが、全国大会の日程は年末(12月27日に初戦)から。

今年の受験はハードモードになってしまいましたね。でも、少ない時間を上手につかうのが得意なのが浦高生。頑張れ!

熊谷ラグビー場

さて、同級生に誘われて訪れたのは熊谷ラグビー場。ついこの間W杯を開催した会場です。

青空のような清々しいブルーを基調にしたスタンド。

観客の規模を想定してか、片側のスタンドのみを観覧席とした様子。ですから冒頭のように反対側のスタンドはガラ空きなのです。

熊谷ラグビー場
青と緑が映える

あまりに綺麗。二次元の完成予想図からリアルの世界にポンと飛び出てきたよう。

こんな綺麗な会場でプレーできるって最高ですね。

ふと過去の自分を振り返ると、冴えない高校生生活を送っていたなあなんて思ってみたり、でも左右を見ると同級生の顔が目の前に。あれ(高校卒業)から26年。次世代を見守る年齢になったんだなあと感慨にふけったのです。

あの時の自分が26年後に何をしているかなんて知る由もないし、いわんやまぶた治療をしているなんてね。

うどんサミット

さて、同日はうどんフェスが開催されておりました。

こちらでうどんをズルズル3杯、舌鼓を打ちました。もっと試食したいけど、お腹が限界でした😅

うどんサミットin熊谷
うどんサミット

 

 

CTA用眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではありません。

”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

”そもそも眼瞼下垂の予防法はないのか?”

さらに踏み込んだ内容を形成外科専門医が説明します。

教室をのぞいてみる

教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。

浦和高校ラグビー部
最新情報をチェックしよう!