皮膚組織の粘弾性

こんにちは。金沢です。

「組織の粘弾性」

第56回日本形成外科学会総会

室孝明医師の鼻に関する報告「鼻翼縮小術後に生じること」

で使用された概念です。組織の粘弾性が術後の結果に影響するという考察でした。

粘弾性ということばを初めて聞いたので調べてみました。

粘弾性とは「弾性」と「粘性」の両方の性質を合わせた性質。

弾性はゴムのように変形から元に戻ろうとする性質。一方、粘性は「ねばりけ」。変形の過程で生じる抵抗。いわゆる流体の持つ性質。

基本的にすべての物質が持つ性質とのこと。

cc licensed ( BY ) flickr photo shared by smswigart

人体のあらゆる組織もこの粘弾性を持つらしい。単純な物質よりはもっと複雑な挙動をしますが・・

よく考えるとマブタの挙動も粘弾性で説明できる部分が見つかりました。

キーワードは弾性変形、弾性限界(降伏点)、そして塑性変形・・・・

もう少しよく考えてみようと思います。

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクと利益を冷静に評価したいですか?”
当然ですよね。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話を盛り込みました。嘘偽りのない真実です。まぶた治療に誘導するものでもありません。適性のない人はむしろ治療をしない方向に誘導するくらいですよ。

まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG