ただいま!韓国の学会より帰国しました。

ただいま😄韓国の学会より無事に帰国しました。

パネリストとして発表です。

Yuichiro Kanazawa, Physiology-based eyelid surgery for atypical ptosis cases. The 14th Korea-Japan Congress of Plastic and Reconstructive Surgery, Alpensia Resort, Pyeongchang, Korea, June3~5th, 2018

「非定型的な眼瞼下垂患者に対する、生理学に基づいたまぶた手術」というタイトルです。

 

まぶた治療を考えている女性限定メール講座


眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」
世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく