ふたえ(二重、重瞼)を作る手術っていつの時代から行われているのでしょうか?

それは「1885年」に遡るのです。明治の初期ですね。

『重瞼術のルーツを求めて』演者:白壁征夫

第41回日本美容外科学会総会での発表です。聴衆として金沢が聞いた範囲でまとめます。多少の過誤はご容赦ください😅

かつて演者の白壁先生が1985年に”Annals of Plastic Surgery”で報告しています。「ふたえまぶた手術」は美甘(みかも)光太郎(1896年に報告)が起源であるとしていました。

Ann Plast Surg. 1985 Sep;15(3):224-41.

The double-eyelid operation in Japan: its evolution as related to cultural changes.

Shirakabe Y, Kinugasa T, Kawata M, Kishimoto T, Shirakabe T.

美甘の論文

右が術前、左が術後。もともと右がひとえ

(上記文献に引用された美甘の論文より)

しかし、もっと過去に遡ることができたのです。それは河本重次郎医師によるもので1885年に遡るのです。

「逆さまつげ」を治療する過程で「ふたえ」ができました。綺麗になったんじゃない?

てな感じです。

それを改めて美甘が”美容”として発表したのだそうです。

感想

明治の人々も「ふたえまぶたを美しい」と感じたのですね🤔

日本人は弥生系(細い目)と縄文系(彫りの深い二重まぶた)の人種です。「ふたえ」が「見栄えが良い」と思われていたのは、はるか過去に遡る可能性がありますね。

源氏物語に「あいつはふたえだ。うらやまし」のような記載があったりして😅

追伸

第41回日本美容外科学会総会でした。またまた課題ができました。演者の皆さんに心から敬意を表します☺️

美容外科学会の抄録集

美容外科学会の抄録集

美容外科学会関係の記事

waterline show(ウォーターラインショー)|眼瞼下垂症

2015.09.24

抜糸のときに消毒しますか?

2014.09.05

学会レポート 第36回美容外科学会総会 開瞼量を増大させない眼瞼下垂症手術

2012.12.07

 

 

 

 

美甘の論文

まぶた治療を考えている女性限定メール講座


眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」
世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく