抜糸のときに消毒しますか?

こんにちは、金沢です。

第37回日本美容外科学会
第37回日本美容外科学会

第37回日本美容外科学会(東京ドームホテル)が開催されました。

今回私が発表したのは

「抜糸処置に消毒は必要か?」

というタイトル

結論は「実地経験と文献的考察から消毒は不要」としました。

縫って閉じたキズの抜糸。消毒をしてから行う医師が多いです。

テキストにも消毒するように書かれています。

先代からのその習慣が染み付いたとも言えます。しかし抜糸に消毒が有用であるとの根拠は無いのです。

消毒しないで(代わりにお水を含ませた綿で拭う)抜糸を485マブタで検証しましたが、感染はゼロでした。

私の発表後

座長の中塚貴志先生からフロア(聴衆)にむけて質問が。

「抜糸のときに消毒する先生は挙手をお願いします」

それにつづけて

「消毒をしないヒトは挙手をお願いします」

なんと、

消毒しない医師のほうがやや多いという結果に。

さすが!美容外科医師は時代をリードしていますね。

追伸

フロアの意見で「顔をクレンジングしたら手術の執刀前の消毒すらしないよ」とのコメントも!

最新情報をチェックしよう!
>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”眼瞼下垂治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師金沢はなぜ自ら眼瞼下垂症手術を受けようと思ったのか?その経緯は?”
”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

個人的な体験、解釈、裏話もあります。

まぶた教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG