SEARCH

「ダウンタイム」の検索結果25件

  • 2017年8月29日
  • 2019年1月5日
  • 0件

上まぶたの内反症(ないはんしょう:逆さまつげの一種)は下まぶたと治療が違います

上まぶたの眼瞼内反症(がんけんないはんしょう:逆さまつげの一種)は目の表面をまつ毛が目を攻撃します。痛いです! まずは写真をご覧ください。左上まぶたの内反症です。まつ毛が目の表面に向けてニョキニョキ伸びています。 まつ毛の硬い先端が目の表面(角膜)をツンツンつついて傷をつけてしまいます。 上まぶたの眼瞼内反症(entropion) 眼瞼内反症は逆さまつげの一種で、まぶたのトラブルです。本来外向きに […]

  • 2017年7月4日
  • 2019年8月14日
  • 0件

眼瞼下垂手術後のダウンタイムを最短にして、一刻も早く社会復帰する方法

眼瞼下垂症手術や逆さまつげの手術をすると、まぶたがプックリ腫れます。青い内出血の色がつくこともあります。見た目が痛々しいこの期間をどのようにしのげば良いのでしょうか?なるべく短時間で落ち着いてくれれば社会復帰も早まります。腫れと内出血の経過と、その対処法(すべきコト、すべきでないコト、裏技)をお伝えします。

  • 2017年6月23日
  • 2019年1月4日
  • 0件

加齢性の逆さまつげ、眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)とは?その治療法は?

加齢性の下まぶた内反症。下まぶたが皮膚(と瞼板)ごと目の中のほうにくるりとめくれ込んでしまう病態です。どのような治療法があるでしょうか? 今回は加齢性の眼瞼内反症を取り上げます 右左どちらか、もしくは両方のしたまぶたがクルンと内反(内向きに回転)して下まぶた自体が目の中に入り込みます。「逆さまつげ」の一種です。 加齢性の眼瞼内反症の原因は? 眼球が後退し、下まぶたの横方向のテンションが弱まる。横方 […]

  • 2017年6月20日
  • 2019年1月5日
  • 1件

逆さまつげ(睫毛内反:しょうもうないはん)の治療は?

まつげが目の表面にあたってしまう「逆さまつげ(睫毛内反:しょうもうないはん)」。目の表面を刺激して傷つけてしまいます。対処が必要です。 患者さん 下まぶたの逆さまつげの治療情報がネット上でほとんど見つけられなかったんです・・・・ とある、内反症の患者さんの声でした。そういえば、「逆さまつげ」をこのブログで取り上げたことはほとんどなかったことに気づきました。失礼いたしました。 「逆さまつげ」は3種類 […]

  • 2016年5月30日
  • 2018年4月22日
  • 0件

眼瞼下垂の各種術式のスペックを比較してみた

「切らない眼瞼下垂手術ってなあに?」最近よく聞かれる質問です。まぶたの裏(結膜側)から糸を通す術式です。まぶたの表の皮膚に切開縫合線の痕が残りにくく、ダウンタイムが短いメリットがあります。一方、切らない下垂手術の術後修正を求めて受診される方も今までに3名ありました。修正には皮膚切開が必要です。それぞれの術式について、複数の視点から比較・検討します。 眼瞼下垂の各種術式について各項目ごとに比較をしま […]

  • 2016年5月21日
  • 2017年6月6日
  • 0件

眼瞼下垂の治療を受ける前にすべきことと情報収集キーワード

こんにちは、金沢です。 「肩こりや頭痛の原因がまぶたにあるかも?眼瞼下垂症?」メディアや口コミなどからまぶたの治療に興味を持ち、インターネットで情報収集を始めますね。これを皮切りにまぶたの世界へ入ります。 その後、具体的にどのような流れでまぶた治療に進むのでしょうか? まぶたの治療を受けるまでのプロセスをまとめました。 まぶたに興味を持つ。自分が眼瞼下垂症なのでは?と思う。 インターネットで情報収 […]

  • 2016年4月28日
  • 2019年1月5日
  • 0件

最先端医療でありながらほんのり癒される空間、千春皮フ科クリニック

こんにちは、さいたま市の金沢です。潜入レポート@千春皮フ科クリニック。 埼玉県で美容皮膚科と言えば、さいたま市の千春皮フ科クリニック。浦和駅東側(パルコ側)。交叉点渡った角の、鏡のような7階建ビルの5階。浦和駅のホームから見えるかも。 千春皮フ科クリニックの院長は渡邊千春先生 canon EOS 6D ;EF24-105mm f/4L IS USM; speedlite 600EX-RT; Lig […]

  • 2015年9月2日
  • 2019年1月6日
  • 0件

眼瞼下垂症に左右差がある場合の治療の選択肢

左右差のある眼瞼下垂について 腱膜性眼瞼下垂は構造の破綻現象です。年月の経過とともに徐々に進行しますが、左右とも進行スピードは同じくらいです。 しかし、生まれつきの左右差やまぶたを擦る習慣に左右差があると下垂の進行に左右差が生じます。 ゆう 左右差があると下垂が顕在化しやすく、自覚が早くなり、幸運?にも治療の機会が早く訪れます。そういう意味ではラッキーかも? 実際の患者さんモデルでbefore a […]

  • 2015年3月25日
  • 2019年1月4日
  • 4件

眼瞼下垂症手術の上眼瞼リフト(眉毛下皮膚切除)のきずあと

眼瞼下垂症手術の治療手段の一つにある「上眼瞼リフト」(眉毛下皮膚切除) 眉の下(もしくは上)の厚い皮膚を切り取り、まぶたを持ち上げる手術です。眉下皺取り術、眉下切開法、眉毛下皮膚切除術などとも呼ばれます。通常の眼瞼下垂症手術の後に提案されることもあります。 上眼瞼リフトのメリットは? (1)厚ぼったいまぶたがスッキリする (2)顔の印象を大きく変えない (3)ダウンタイムも通常の眼瞼下垂症手術より […]

  • 2015年3月16日
  • 2016年2月2日
  • 0件

FUE|音田正光先生|親和クリニック

自毛植毛の親和クリニック、音田(おんだ)正光先生   2000株の移植を見てきました。 脱毛治療の一つが自毛植毛です。 自毛植毛とは皮膚移植のミニバージョンです。 皮膚移植をすると毛も同時に移植されます。 そのメカニズムを利用して、脱毛しにくい後頭部の毛髪を男性型脱毛の進行した場所や、傷跡で毛が生えなくなった場所に田植えの要領で移植します。後頭部の毛髪は遺伝子的に男性型脱毛を起こしにくい […]

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”
当然です。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話も盛り込みました。
この講座はあなたをまぶた治療へ誘導するものでもありません。
むしろ適性のない人は諦めてもらうよう誘導するくらいです。
まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG