SEARCH

「ダウンタイム」の検索結果21件

  • 2016年5月21日
  • 2017年6月6日
  • 0件

眼瞼下垂の治療を受ける前にすべきことと情報収集キーワード

こんにちは、金沢です。 「肩こりや頭痛の原因がまぶたにあるかも?眼瞼下垂症?」メディアや口コミなどからまぶたの治療に興味を持ち、インターネットで情報収集を始めますね。これを皮切りにまぶたの世界へ入ります。 その後、具体的にどのような流れでまぶた治療に進むのでしょうか? まぶたの治療を受けるまでのプロセスをまとめました。 まぶたに興味を持つ。自分が眼瞼下垂症なのでは?と思う。 インターネットで情報収 […]

  • 2016年4月28日
  • 2019年1月5日
  • 0件

最先端医療でありながらほんのり癒される空間、千春皮フ科クリニック

こんにちは、さいたま市の金沢です。潜入レポート@千春皮フ科クリニック。 埼玉県で美容皮膚科と言えば、さいたま市の千春皮フ科クリニック。浦和駅東側(パルコ側)。交叉点渡った角の、鏡のような7階建ビルの5階。浦和駅のホームから見えるかも。 千春皮フ科クリニックの院長は渡邊千春先生 canon EOS 6D ;EF24-105mm f/4L IS USM; speedlite 600EX-RT; Lig […]

  • 2015年9月2日
  • 2019年1月6日
  • 0件

眼瞼下垂症に左右差がある場合の治療の選択肢

左右差のある眼瞼下垂について 腱膜性眼瞼下垂は構造の破綻現象です。年月の経過とともに徐々に進行しますが、左右とも進行スピードは同じくらいです。 しかし、生まれつきの左右差やまぶたを擦る習慣に左右差があると下垂の進行に左右差が生じます。 ゆう 左右差があると下垂が顕在化しやすく、自覚が早くなり、幸運?にも治療の機会が早く訪れます。そういう意味ではラッキーかも? 実際の患者さんモデルでbefore a […]

  • 2015年5月20日
  • 2019年1月3日
  • 0件

【眼瞼下垂症の手術体験手記。補足説明付き】

眼瞼下垂症の手術を受ける 松尾法 眼瞼下垂症診療をしていると、患者さんから様々な報告を受けます。肩こり・頭痛の変化にはもう驚きません。ですが、腰痛や膝の痛み・不眠が改善、手の震えが収まった・・・・など、予期せぬ変化報告を受けるにつけ、自分も体験したいとの思いが強くなるものです。そして、信州大学形成外科学教室松尾清教授にお願いして、松本で眼瞼下垂症の手術をしてもらう事となります。 あらかじめ準備した […]

  • 2015年3月25日
  • 2019年1月4日
  • 3件

眼瞼下垂症手術の上眼瞼リフト(眉毛下皮膚切除)のきずあと

眼瞼下垂症手術の治療手段の一つにある「上眼瞼リフト」(眉毛下皮膚切除) 眉の下(もしくは上)の厚い皮膚を切り取り、まぶたを持ち上げる手術です。眉下皺取り術、眉下切開法、眉毛下皮膚切除術などとも呼ばれます。通常の眼瞼下垂症手術の後に提案されることもあります。 上眼瞼リフトのメリットは? (1)厚ぼったいまぶたがスッキリする (2)顔の印象を大きく変えない (3)ダウンタイムも通常の眼瞼下垂症手術より […]

  • 2015年3月16日
  • 2016年2月2日
  • 0件

FUE|音田正光先生|親和クリニック

自毛植毛の親和クリニック、音田(おんだ)正光先生   2000株の移植を見てきました。 脱毛治療の一つが自毛植毛です。 自毛植毛とは皮膚移植のミニバージョンです。 皮膚移植をすると毛も同時に移植されます。 そのメカニズムを利用して、脱毛しにくい後頭部の毛髪を男性型脱毛の進行した場所や、傷跡で毛が生えなくなった場所に田植えの要領で移植します。後頭部の毛髪は遺伝子的に男性型脱毛を起こしにくい […]

  • 2015年3月12日
  • 2019年1月4日
  • 0件

【まぶた術後の腫れ,浮腫みを写真で確認】

まぶたの手術後は必ずまぶたが腫れます まぶたは非常にデリケートです。眼球は生存に不可欠な臓器であり、生体防御としてもまぶたは重要な役割を果たします。蚊に刺されたり、軽く引っ掻いただけでも激しく腫れることがあります。これらも防御反応です。 まぶたの腫れはどのくらいで落ち着くのか? まぶたの手術後1週間は強く腫れます。2週間程度で腫脹は徐々に軽くなります。 その後数ヶ月かけて落ち着いていき、6ヶ月から […]

  • 2014年5月1日
  • 2015年10月7日
  • 0件

出血の少ない手術手技による3つのメリット|眼瞼下垂症

こんにちは、金沢です。 去る2014年2月26日、第19回日本形成外科手術手技学会が名古屋で催されました。 今回発表したのは 「眼瞼形成手術におけるバイポーラ鑷子による剥離操作」 まぶたはとても血流の豊富な組織で、血管が縦横に密に走っています。眼瞼形成手術において出血のコントロールは重要課題です。 高周波ラジオ波メスのバイポーラを用いて適切に組織をさばくことにより出血を最小限にします。「出血したら […]

  • 2013年10月8日
  • 2019年1月10日
  • 0件

「眼瞼下垂症手術ー私の工夫ー」シンポジウム

こんにちは、金沢です。 平成25年10月6日昭和大学形成外科学教室の同門会学術集会にお招きいただき、旗の台駅から伸びる商店街通りの背景にそびえ立つ高層建築物。昭和大学病院です。 シンポジウム「眼瞼下垂症ー私の工夫ー」 僭越ながら発表させていただきました。 発表内容は形成外科医なら無意識に使っている「とある手技」。 この手技に着目し、応用することで眼瞼下垂症手術時の出血を減らすことができるというもの […]

  • 2012年12月27日
  • 2019年1月5日
  • 0件

眼瞼下垂症手術は入院が必要?

眼瞼下垂症手術を左右両側受けた場合、入院は必要でしょうか? 答えは「必ずしも入院は必要ない」です。片目の手術では入院は不要です。 三つの選択肢を用意しています。(施設によります。) 外来手術:手術が終了したらそのまま会計して帰宅。 日帰り一日入院:午前に入院して手術、術後病室で創部ケアを行い、夕方退院。 一泊入院:手術後一晩創部ケアをしながらお休みし、翌日退院。 ダウンタイムをより短期間にするには […]

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG