SEARCH

「ランニング」の検索結果26件

  • 2018年3月23日
  • 2019年2月18日
  • 1件

原点に立ち返って。「頑張らない」ランニング|板橋Cityマラソン大会2018

失意のさいたま国際マラソン2017からのリベンジ マラソン挑戦4回目の私を襲った悲劇のさいたま国際マラソン。全身の筋肉(ハムストリング、腹筋、ふくらはぎ、大腿四頭筋)がこむら返り。生まれたてのバンビ状態でフラフラゴールしたのでした。 反省:筋力に頼りすぎ。大会直前の追い込みで頑張りすぎ、疲労が残っている。 そこで、私の「原点」に立ち返ることに。 ゆう 「頑張らない」「努力しない」「要領よく」 練習 […]

  • 2018年3月2日
  • 2018年9月25日
  • 0件

医師不足ナンバー1の埼玉県の医師はここにいた!埼玉県医学会総会へ参加

会場は埼玉県県民健康センターです。県庁の隣。 浦和駅から私の脚(きゃく)で10分です。道のりには老舗がチラホラ…よそ見してしまいます。 埼玉県医学会総会の特徴 埼玉県医師会主催の学術集会 埼玉県内の医師が集まり、研究や症例の報告をし、議論する 研修医の発表の登竜門でもある 「200を超える発表があり、増えました!」とのことです。活気が出てきたようですね。 参加者はM字 経験豊富そうな年齢がしっかり […]

  • 2018年2月13日
  • 2019年2月18日
  • 0件

第43回森林公園完走マラソン大会は非現実世界?天国のような牧歌的雰囲気に包まれる

第43回森林公園完走マラソン大会 2018年2月11日 2018年で44歳になる武蔵丘陵森林公園。国内に17個ある国営公園としては初めての国営公園。開園翌年に始まった「完走マラソン大会」は今回で43回目となる歴史的なもの。 公式サイト 個人的にはマラソンデビューの大会がココの第41回です。 今回で3年連続3回目の参加となります。 好天に恵まれ、相変わらず天国のような牧歌的な雰囲気。(上の写真見れば […]

  • 2018年1月4日
  • 2019年1月4日
  • 0件

まずは30キロ走ってみた。血糖値は著変なし。

持続血糖測定装置(フリースタイルリブレ)を着けて人体実験 左の二の腕にセンサーを着けて10日目です。 30キロを3時間かけて走ってみた テーマは飢餓状態 走るためには十分に補給が必要と思いますよね。走ると飢餓状態になるでしょうか?飢餓状態なら走れないのでしょうか? 恐る恐る試してみました。 朝食での糖質は10グラム ランニング中の飲食の補給なし 心拍は120程度で息切れしないペース ランニングが終 […]

  • 2017年12月22日
  • 2019年1月4日
  • 0件

もう血を見なくてもいい。血糖値の変動を24時間記録し続ける装置

血糖値を知る 「血糖値を測る」といえば、採血したり、指先に針を刺したりで血を見る必要がありました。 「もう刺さなくても良い、血を見なくても良い」 と言ったら信じられますか? 持続血糖測定装置 フリースタイルリブレ FreeStyle Libre アボットジャパンから発売されている血糖測定装置。実に優れもの。 センサーを身体に貼り付けて、これに本体(読み取り装置)をかざすと血糖値が分かります。しかも […]

  • 2017年11月28日
  • 2018年9月25日
  • 0件

目尻の皮膚が垂れ下がって目尻が痛い!それはまぶたのけいれんが原因だった

「目尻がヒリッとする」 「目尻がツーンと痛む時がある」 目尻の痛みの原因 目尻に涙と目やにがたまることが原因 めじりに涙液などが溜まると、その部位の肌が荒れてしまい、ときに皮膚の表面が欠損します(びらん)。 そのため、まぶたが動くときに皮膚が引き裂かれるような痛みを感じます。 なぜ、目尻に涙が溜まるのか? (1)目尻に上まぶたの皮膚が覆いかぶさる 上瞼の皮膚が覆いかぶさることにより、涙がそのスペー […]

  • 2017年11月10日
  • 2019年1月21日
  • 0件

刺激的なマラソンコース?写真で見る国営武蔵丘陵森林公園

埼玉県にある国営武蔵丘陵(むさしきゅうりょう)森林公園 通称:森林公園(ウェブサイト) 広大な敷地にマラソン(ランニング)コース(5キロと10キロ)がある。 以下のような人にお勧め。 信号に邪魔されずにまとまった距離を走りたい人 坂の上り下りの筋肉に刺激をいれたい人 景色が変わらないと飽きて途中で走るのをやめたくなる人 仲間と走る企画をしたい人 東京ドーム65個分の広さ。入園口が4つ(南口、西口、 […]

  • 2017年10月20日
  • 2018年9月25日
  • 0件

出張ランニング@札幌で失敗しないために|北海道大学キャンパスと豊平川

札幌に出張。やっぱりジョギングを試してみたいものですね。 札幌で3パターンのランニングを試す (1)北海道大学キャンパスその1 (8キロ) (2)豊平川沿いコース (20キロ) (3)北海道大学キャンパスその2 (7キロ) (1)北海道大学キャンパスその1(夕方ランニング) 綺麗なキャンパスで気持ちいい 学生さんも走ってる 信号がない 夜は暗くて危険かも 位置確認のために立ち止まると蚊に襲われる。 […]

  • 2017年7月25日
  • 2019年1月5日
  • 0件

酒井形成外科と提携です。22年の実績と充実の新しい設備!

都内の提携医療機関です。 形成美容外科で長年の実績を誇る「酒井形成外科」 院長の酒井倫明(さかいみちあき)先生はダンディーな形成外科医 昭和大学出身です。昭和大学形成外科教室で初代教授鬼塚卓也先生に師事しました。昭和大学形成外科といえば口唇口蓋裂などの先天異常の治療を発展させた教室です。 口鼻の手術が非常に多いのが昭和大学形成外科の特徴です。その技術を生かして美容外科に身を捧げました。 「治療によ […]

  • 2017年5月19日
  • 2019年3月18日
  • 0件

金沢雄一郎の年表

1974年 宮崎県で生まれ、東京で病弱な幼少期を過ごす。 1976年 見舞い先の病院で扉に足をはさんで、爪を剥ぐ。 1979年  ストーブを蹴ってヤカンを倒し、下腿外側に広めの2度熱傷。大きな水ぶくれができて、色素沈着は10年に及んだ。 1982年 埼玉県へ移住。転校初日にカルチャーショックで教室で泣き出し、女の子に囲まれて慰められる。 1983年ごろ 激しい腹痛を夜中に経験。腸閉塞。優しい看護師 […]

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクと利益を冷静に評価したいですか?”
当然ですよね。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話を盛り込みました。嘘偽りのない真実です。まぶた治療に誘導するものでもありません。適性のない人はむしろ治療をしない方向に誘導するくらいですよ。

まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG