SEARCH

「ダウンタイム」の検索結果25件

  • 2015年3月12日
  • 2019年1月4日
  • 0件

【まぶた術後の腫れ,浮腫みを写真で確認】

まぶたの手術後は必ずまぶたが腫れます まぶたは非常にデリケートです。眼球は生存に不可欠な臓器であり、生体防御としてもまぶたは重要な役割を果たします。蚊に刺されたり、軽く引っ掻いただけでも激しく腫れることがあります。これらも防御反応です。 まぶたの腫れはどのくらいで落ち着くのか? まぶたの手術後1週間は強く腫れます。2週間程度で腫脹は徐々に軽くなります。 その後数ヶ月かけて落ち着いていき、6ヶ月から […]

  • 2014年5月1日
  • 2015年10月7日
  • 0件

出血の少ない手術手技による3つのメリット|眼瞼下垂症

こんにちは、金沢です。 去る2014年2月26日、第19回日本形成外科手術手技学会が名古屋で催されました。 今回発表したのは 「眼瞼形成手術におけるバイポーラ鑷子による剥離操作」 まぶたはとても血流の豊富な組織で、血管が縦横に密に走っています。眼瞼形成手術において出血のコントロールは重要課題です。 高周波ラジオ波メスのバイポーラを用いて適切に組織をさばくことにより出血を最小限にします。「出血したら […]

  • 2013年10月8日
  • 2019年1月10日
  • 0件

「眼瞼下垂症手術ー私の工夫ー」シンポジウム

こんにちは、金沢です。 平成25年10月6日昭和大学形成外科学教室の同門会学術集会にお招きいただき、旗の台駅から伸びる商店街通りの背景にそびえ立つ高層建築物。昭和大学病院です。 シンポジウム「眼瞼下垂症ー私の工夫ー」 僭越ながら発表させていただきました。 発表内容は形成外科医なら無意識に使っている「とある手技」。 この手技に着目し、応用することで眼瞼下垂症手術時の出血を減らすことができるというもの […]

  • 2012年12月27日
  • 2019年1月5日
  • 0件

眼瞼下垂症手術は入院が必要?

眼瞼下垂症手術を左右両側受けた場合、入院は必要でしょうか? 答えは「必ずしも入院は必要ない」です。片目の手術では入院は不要です。 三つの選択肢を用意しています。(施設によります。) 外来手術:手術が終了したらそのまま会計して帰宅。 日帰り一日入院:午前に入院して手術、術後病室で創部ケアを行い、夕方退院。 一泊入院:手術後一晩創部ケアをしながらお休みし、翌日退院。 ダウンタイムをより短期間にするには […]

  • 2012年6月27日
  • 2019年1月11日
  • 3件

必ず知っておくべき、眼瞼下垂手術後のダウンタイムとは?

まぶたの手術は腫れます。わずかな侵襲で(引っ掻く、蚊に刺されるなど)まぶたは腫れますよね。見た目が痛々しいこの状態と、どの程度の期間お付き合いしなければいけないのでしょうか?詳しく見てみましょう。 まぶた手術後のダウンタイムとは ”ダウンタイム”は、  downtime:機械が運転していない休止時間、従業員が働いていない期間。 と定義されます。ダウンしている期間ということですね。 一方、まぶた治療 […]

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”
当然です。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話も盛り込みました。
この講座はあなたをまぶた治療へ誘導するものでもありません。
むしろ適性のない人は諦めてもらうよう誘導するくらいです。
まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG