SEARCH

「眼瞼下垂」の検索結果231件

  • 2018年8月17日
  • 2019年1月5日
  • 0件

予定外重瞼線って?ふたえの線の他に余計なラインがもうひとつ

まぶた手術の後に患者さんを悩ませるのが「予定外重瞼線(よていがいじゅうけんせん)」 「三重になっちゃった😓」 「二重の線が二股になっちゃった」 とか表現します。 手術後1週間の間に現れる合併症です。 keywords: multiple upper eyelid fold, triple fold 本来の「予定の重瞼線」とは? 切開した場所で、二重(ふたえ)に折れるようにします。 切開した場所に挙 […]

  • 2018年8月10日
  • 2019年1月6日
  • 0件

どうしてアトピー性皮膚炎で眼瞼下垂症になるの🤔?

患者さん アトピー性皮膚炎で子供の頃から目をよく擦っているんです。そしてまぶたが重いんです。 ゆう 確かに。肌もガサガサして、しみっぽいですね。擦っているのが分かります。 なぜアトピー性皮膚炎で眼瞼下垂症になるのか? まぶたへの物理的な刺激が眼瞼下垂症を悪化させることはご存知の通りです。 まぶたの怪我 コンタクトレンズの長期着用 まぶたのメークをする習慣 目の手術の時の開瞼器の使用 などなどです。 […]

  • 2018年8月3日
  • 2019年1月5日
  • 0件

ミュラー筋を動かす「交感神経の信号の入力」を妨害するもの

ミュラー筋の機能をさまたげるもの ホルネル症候群(Horner syndrome)ではミュラー筋の動きが弱くなります。ミュラー筋を動かす交感神経が断線するからです。 交感神経の連絡先である「ミュラー筋にある、交感神経の信号を受け取るスイッチ」への刺激がなくなり、筋肉が動かなくなるのです。 その結果、眼瞼下垂(まぶたがさがる)になるのです。さらに「縮瞳」を起こします。同じメカニズムで瞳孔散大筋(瞳孔 […]

  • 2018年7月27日
  • 2019年1月5日
  • 0件

眼瞼下垂に重瞼埋没法を行なったが再発。結局切開して修復した

眼瞼下垂に「ふたえまぶた手術」をしたら治るのか? 患者さん 「眼瞼下垂症」と診断された。治療したいけど二重(ふたえ)まぶたにすれば治るんじゃないかなあ🤔 淡い期待を持って受診をする患者さん。残念ながら外来診療の場面でダメ出しされます。 かなざわ 無理です。切開して挙筋腱膜を修復する必要があります。 最近は大手の美容外科でも眼瞼下垂を診断しています。「ふたえ」にしたくて受診し、「あなたは無理。眼瞼下 […]

  • 2018年7月20日
  • 2019年1月11日
  • 0件

「二重(ふたえ)切開でも強直性眼瞼けいれんになりますか?」という質問

メッセージ本文: お忙しい中、失礼します。いつもブログ拝見しております。 瞼のことで教えていただきたいことがあります。 挙筋腱膜前転法で強直性眼瞼痙攣になる人はいるようですが、二重切開で強直性眼瞼痙攣になることはあるのでしょうか? 良かったら、よろしくお願い致します。 男性 公開を承諾する 強直性眼瞼けいれんとは? 眼輪筋(と眉毛下制筋たち)の緊張が強くなり、目を開けるのがしんどくなります。眉間に […]

  • 2018年7月6日
  • 2019年1月5日
  • 0件

目薬で目が大きくなる?それは血管収縮剤が原因

「目薬をさすとまぶたが挙がるんです」 そう語るのは、まぶたが下がった眼瞼下垂の患者さん。 その場で点眼してもらいました。確かに目が大きくなりました😳wow! 点眼薬で目が大きくなる理由 「白目の充血を抑え、白目をより白く見せる効果がある」とのことで商品化された点眼薬です。 その正体は 「塩酸テトラヒドロゾリン」 血管収縮剤です。目の表面の血管を収縮させ、目立たなくすることで充血が消えるんですね。 […]

  • 2018年6月29日
  • 2019年1月6日
  • 0件

白内障手術と眼瞼下垂手術どちらを先にする?

白内障手術と眼瞼下垂症手術どちらが先? 患者さん 眼瞼下垂症手術を予定したいのですが、眼科では白内障手術を勧められたんです。どちらを先にしたら良いですか? 絶妙なタイミングで「まぶたの治療」と「白内障手術」とが重なりそうになることがあります。 私の回答はこうです。 「白内障手術を優先してください。そして、3ヶ月ないし半年経過を見てから眼瞼下垂症手術を相談しましょう。」 もちろん逆のパターンもありま […]

  • 2018年6月1日
  • 2018年6月1日
  • 0件

まぶたが下がってきたら、表情パターンを新たに作るのも手(まぶたの手術を受けられない人へ)

まぶたが下がったらこんな表情を練習してみては? クリントイーストウッドって笑うと目がなくなる人。 優しい表情になります。魅力的ですね。 眼瞼下垂(まぶたが下がる)になって見た目で悩んでいる人はこの表情を学ぶといいかも。 「にっこりして目を細める」 この表情は眼瞼下垂になっていても可能です。 うまく利用できれば、魅力的な人間に早変わりです。眼瞼下垂の(見た目の)ハンディは克服です😀 眼瞼下垂手術を訳 […]

  • 2018年5月25日
  • 2019年1月11日
  • 0件

親近感を持たれたかったらアイブローフラッシュを使おう

アイブローフラッシュとは (文中に引用元リンク記載) 人は、相手を発見してうれしいとき、眉が一瞬だけ上がる動きを見せます。これをアイブローフラッシュと呼びます。 感じがいい人と思ってもらうには、その人を見た瞬間に、眉を上げることが重要です。 「きちんとしている」と言われる「話し方」の教科書:矢野香 矢野香さんが言われるように、眉が上がるのは表情としてはとてもいいこと。一瞬眉を持ち上げるアクションで […]

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクと利益を冷静に評価したいですか?”
当然ですよね。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話を盛り込みました。嘘偽りのない真実です。まぶた治療に誘導するものでもありません。適性のない人はむしろ治療をしない方向に誘導するくらいですよ。

まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG