SEARCH

「眼瞼下垂」の検索結果242件

  • 2019年3月29日
  • 2019年8月3日
  • 0件

眼瞼下垂症手術の合併症をあらかじめ知っておきましょう

「手術の失敗ってないの?リスクはないの?」 心配になりますよね。当然です。そして、実際、リスクはあるのです。 眼瞼下垂手術前にあらかじめ理解しておくべき合併症 手術合併症とは、手術後に一定割合で生じる不可避の症状、病気です。自然経過で改善するものもあれば、追加治療・追加手術を必要とすることもあります。 一方、医療過誤、医療ミスは別です。これらは左右の取り違え、薬品を間違える、患者データを取りちがえ […]

  • 2019年3月22日
  • 2019年3月22日
  • 0件

まぶたってどうやって持ち上がるの?眼瞼下垂症の病態生理学

まぶたが下がると筋肉が緊張し、交感神経が興奮します。そう、カラダが眼瞼下垂に対して反応するのです。その反応は無意識に起きています。どのようなメカニズムになっているのでしょう?20年前の医師たちはその生理学に対してほとんど無知だったのですよ。 眼瞼下垂症を機能解剖、神経生理学から見ましょう 何がまぶたが持ち上げているの?正常な解剖と生理学 まぶたを持ち上げる筋肉を眼瞼挙筋(がんけんきょきん)といいま […]

  • 2019年3月15日
  • 2019年3月14日
  • 1件

眼瞼下垂にも種類がある|学術的分類

眼瞼下垂症と聞くと、加齢現象を連想します。しかしそれだけではないのです。診断によって治療方針は違ってきます。まぶたが下がってしまった人はいきなり美容外科に行くのではなく、まずは医学的な診断をすることが大事です。 (1)先天性、後天性に分類する 先天性:生まれつきに「眼瞼下垂」を持つということです。congenital。 上眼瞼挙筋自体の異常 上眼瞼挙筋を動かす神経のエラー (例:Marcus Gu […]

  • 2019年3月8日
  • 2019年3月8日
  • 0件

眼瞼下垂についてよく聞かれる質問

質問コーナー みなさんからよく聞かれる質問です。疑問に思うことがあったらあらかじめ解決しておきましょう。 Q1. 手術の合併症について教えてください。 A1. 出血、左右差、皮膚の知覚異常、切開部の違和感などがあります。詳細はこちら。 Q2. 手術は日帰りでできますか? A2. 自宅でキズの管理のできる方は日帰りで手術を受けられます。しかし、ご自宅にヤンチャな子どもやペットがいる場合はくれぐれもご […]

  • 2019年3月5日
  • 2019年3月8日
  • 0件

ちょっと問題のありそうな患者さん。治療すべきかどうかのジャッジは医師がしてよい?

患者家族 まぶたが下がっていて見えていないようなんです。眼科では視力は問題ないと言われました 高齢、かつ重度の眼瞼下垂だった 眼瞼下垂がひどくて、横方向のスリット程度にしか目が開いていない80代の男性。息子が連れてきました。加えて重度の難聴もち。 手術の話をしても、聞いていない(聞こえていない)(補聴器をつけているが)様子。 紙に書いて説明しても見えてなさそう(下垂がひどい)です。歩行もままならず […]

  • 2019年3月1日
  • 2019年2月18日
  • 0件

眼瞼下垂のことを教えてくれるウェブサイト 体験談リンクも含む

眼瞼下垂の情報収集で参考になるウェブサイト 親しみやすく分かりやすい内容のものをピックアップしてみました。大学病院など権威のある病院のウェブサイトも探しましたが、詳細な情報を載せている病院はありませんでした。クリニックレベルの方が患者さん視点でわかりやすいようです。 (1) 井出眼科病院 – 眼瞼下垂・緑内障・白内障|山形市 新庄市 眼瞼下垂に関する研究内容が無料で公開されています。解 […]

  • 2019年2月26日
  • 2019年2月17日
  • 1件

眼瞼下垂症のセルフチェック(自己診断)をしてみますか?

「自分て眼瞼下垂かなあ?」 何となく不安なあなた。簡単に自分ひとりでできるチェック方法があります。試してみませんか? 3分でできる眼瞼下垂症セルフチェック(自己診断) 眼瞼下垂になると様々な徴候(サイン)が現れます。もしくは日頃からの習慣が眼瞼下垂になるのを促します。一つ一つは決定打にはなりませんが、足し算すると眼瞼下垂の診断に近づきます。ちなみに今の私は3点です^ – ^(サバ読んで […]

  • 2019年2月22日
  • 2019年2月23日
  • 0件

自ら眼瞼下垂症手術を受けに行った、手術体験記

眼瞼下垂症の手術を受けると決めた 眼瞼下垂症診療をしていると、患者さんから様々な報告を受けます。肩こり・頭痛の変化にはもう驚きません。ですが、腰痛や膝の痛み・不眠が改善、手の震えが収まった・・・・など、予期せぬ変化報告を受けるにつけ、自分も体験したいとの思いが強くなるものです。それだけでなく、患者さんの体験をすることはその後のまぶた治療に大きく貢献するはずです。ついに、信州大学形成外科学教室松尾清 […]

  • 2019年2月8日
  • 2019年1月24日
  • 0件

眼瞼挙筋の過剰な前転がもたらす、まぶたの合併症|眼瞼下垂症手術

「頬がビリビリするんです。。」 そう訴えるのは他院で眼瞼下垂手術をした患者さん。ぱっと見は綺麗な仕上がりです。 眼瞼下垂症手術の合併症としての異和感(違和感) 傷を作れば、かならず傷跡になります。少なからず感覚にも影響を及ぼします。しかし、病的に異常感覚を伴う場合もあります。 その原因の一つに、「過剰な前転」があります。眼瞼下垂の手術では挙筋腱膜を引っ張り出して固定するのですが、引っ張り出しすぎて […]

  • 2019年2月5日
  • 2019年8月4日
  • 0件

まぶた手術後の腫れの期間を短縮する「シンエック」って?

顔の手術の後のダウンタイムを最小限にしたい! 顔の手術を受けた患者さん誰もが悩み、望むことです。1日でも早く社会復帰したいですものね。飲み薬として、傷の回復を早くすると言う「薬剤」に出会ったのです。神の薬??眼瞼下垂手術を日々している私は興味を持たないわけはありません。 アルニカ・モンタナ(Arnica montana) wikipedia 薬用ハーブです。ヨーロッパでは民間療法(代替療法)として […]

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”
当然です。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話も盛り込みました。
この講座はあなたをまぶた治療へ誘導するものでもありません。
むしろ適性のない人は諦めてもらうよう誘導するくらいです。
まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG