Canon EF50mm F1.8 STMで千春皮フ科を切り抜いた

こんにちは、金沢@千春皮フ科です。

[amazon_link asins=’B00XKSBMQA’ template=’ProductAd’ store=’knknasociate-22′ marketplace=’JP’ link_id=’83f9e0a2-61ab-4000-9105-779e9920d48a’]

 

とても軽い160グラムのレンズ。15000円切っているお買い得レンズ。

canon ef50f1.8stm
canon ef50 f1.8 stm

軽いプラスチックでチープ感あるも、オートフォーカスは早くて頼りになる!

愛機Canon 6D に装着して千春皮フ科クリニックを散策です。

まずは院長をシュート

渡邊千春院長
渡邊千春院長は本日のテレビ収録の作戦を練っている

背中から、近寄りがたき満ち満ちた気合いが醸し出されています。(1/200s f1.8 ISO400)

看護師たちは裏で何を?

千春皮フ科の看護師たち
優しくて清楚な看護師たち・・・

新しいマシンが入ると彼女らは速攻で試します。楽しそう。。。。。(千春皮フ科に来た看護師たちはメークがどんどん薄くなる運命にあるらしい。。。)(1/200s f1.8 ISO400)

受付へ

千春皮フ科の受付
受付スタッフが明るく迎えてくれます

外光が入る晴れ晴れしい受付スペース。明るくていいなあ。(1/200s f1.8 ISO400)

造花
受付のカウンターにそえてある造花

小物がぎっしり乗ってるカウンターも、このレンズなら主題だけ抜き出すことができる。(1/200s f1.8 ISO400)

一日の診療が終了、、、、

暮れのお掃除
一日の診療、お疲れ様でした。

「さあ、そこのカメラマン、邪魔ですよ〜そこどいてくださ〜い」(1/15s f4 ISO100)

千春皮フ科の看護師たち
最新情報をチェックしよう!
>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”眼瞼下垂治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師金沢はなぜ自ら眼瞼下垂症手術を受けようと思ったのか?その経緯は?”
”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

個人的な体験、解釈、裏話もあります。

まぶた教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG