漏斗胸手術の第一人者、永竿智久先生

胸郭変形症のオーダーメード治療

某所で永竿智久教授(香川大学形成外科講座)の講演でした。

永竿先生はパターンの決まった手術が漫然と行われていた漏斗胸の世界に新風を巻き込み、まったく新しい術式や概念を提唱されて、日本でもトップクラスの成績を出しています。それは現行の治療法にはまだまだ、改善すべき点があるからです。たとえば…

  • 脊椎も治療の影響を受けてしまう
  • 胸郭の形態の改善に限界がある
  • 圧迫感などの症状が強い

まり、完成形とは言えないの手術法(ナス法)を改良して、患者さんごとにベストの術式を組み立てているのです。まさにオーダーメイド治療です。

とくに、非対称、脊柱側弯、胸郭が硬いなどの要素を持つと一筋縄ではいかないようです。そのようなケースでは、バー1本のみに頼るのではなく、複数のバーを入れたり、皮膚切開を追加して肋軟骨の処理をするおまけ手術が必要です。そのような工夫が、日本でぴか一の結果につながるのですねえ🤗

熱意のある先生

その熱意に引き込まれます。他でうまくいかなかった症例が香川大学に流れてくることが多いらしく、それなりに成長した患者さんが多い様子。大人になると骨格が硬くなるので、手術としてはハンディがあることは察して余りあります。

印象的な言葉は「1970年台は漏斗胸は1000人に1人と言われた。しかし、自分が考えるに2010年時点で300人に1人はいます」とのこと。つまり、胸郭変形の度合いが強すぎず、「治療の対象にならない」とされていた患者さんが多くいるはずだとのことです。ひょっとしたら医療機関を受診することもなく胸板が薄いなあと悩んでいる人も含めたらもっといるかもしれませんね。

さらに、女性の場合は乳房の形の左右差があるものはインプラントで形成することもあるようです。必ずしも「バー」に固執しない姿勢もあるようです。

永竿先生
正面が永竿先生。向かって左の女性が王怡先生(松戸市立病院)。右が私

胸郭変形治療の専門のホームページ

永竿先生が取り組んでおられる「むねのかたち研究室」です。

「胸のかたち」研究室~漏斗胸専門サイト~

胸部の「かたち」を治療するプロのグループです。漏斗胸・鳩胸の治療に関して、日本でトップレベルの治療を行っています。[…]

コンテンツが豊富です。漏斗胸に悩む人はぜひご覧ください。

また、以下の本が一般の方向けに書かれた書籍です。

追伸

このような勉強の機会を作っていただいた千葉大学形成外科教授三川信之先生にも心より感謝しますm(._.)m

あとがき

実はこの日、午前中に千葉の「青葉の森公園」で30キロ走ってきました。カラダはクタクタでしたが、永竿先生の熱意に惹き込まれ、目がランランと興奮してしまいました。帰宅後はぐっすり😪ZZZZzzzz…..

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクと利益を冷静に評価したいですか?”
当然ですよね。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話を盛り込みました。嘘偽りのない真実です。まぶた治療に誘導するものでもありません。適性のない人はむしろ治療をしない方向に誘導するくらいですよ。

まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG