ご報告:ついにサブスリー的ブロガー形成外科医に

第四回水戸黄門漫遊マラソン
この紋所が目に入らぬか〜

サブスリー達成

「うっ、うっ」

思わずうめき声が漏れる。両足の焼けるような痛みにこみ上げる吐き気🤢

マラソンでゴールをまたぎ、両膝に手をついていた時だった。

遂にフルマラソンで3時間を切ったのだ。

夢のサブ3である。これを獲得したらさぞかし歓喜の涙をウルウル流すに違いないと予想していたのだが、現実はというとゴール後は苦しみに耐えるのに精一杯で感慨に耽る余裕は全くなかった。

「サブ3(サブスリー)」とはフルマラソン42.195キロを3時間以内にフィニッシュすることである。市民ランナーにとっては夢の称号だ。

舞台は第四回水戸黄門漫遊マラソン。10月某日曇り時々雨

1キロを415秒ペースで刻むことができれば3時間を切れる計算。しかし、アップダウンでの減速や体力の消耗を計算に入れる必要がある。410秒ペースで楽に感じられるコンディションでないと実現は厳しい。

前半は予定通り。鼻呼吸でもペース維持できる状態。「これ、サブスリーいけるでしょ」と楽観論が頭でささやかれ始めた。

ご存知の通り、「フラグ」🚩である。

30キロを過ぎたあたりでのんきにペースを刻んでいると、ランナーたちにするする抜かれていくのに気づく。ランニングウォッチを見ると420秒ペースに。

ガーン😱。。。体感では変わっていないつもりが、、ペースが落ちていたのだ。慌てて戻そうとすると俄然呼吸がハアハア苦しくなる。

ヤヴァイ。いつものだ。足に鉛がまとわりつき始めた。子泣き爺が足にしがみつく。沼に足を取られる。

急速に体力を消耗し、遂にはラスト5キロで既に体力はHP1」に。いつ止まってもおかしくない状態。

それまで一緒にいたランナー達に置き去りにされ、悶絶しながら白昼夢を彷徨う。「貯金は今何秒あるかな??2分くらいあったっけ?キロ5分ペースで行ったらアウトかな??・・・ダメだ脳の機能も止まりかけてて計算ができない・・・」

あ!ゴールのゲートが見えた!んん?まだ300メートルくらいある?遥か彼方に蜃気楼のように揺らいで見える。

なんだかゲートが近づかないんですけど。。。アスファルトの逃げ水のようにゆらゆら逃げていく。

電車の発車ベルが鳴り出す。「駆け込み乗車はおやめください」

いやいや。サブ3の列車に乗り遅れる訳にいかないんだ。絶対に飛び込むんだ!

必死にゴールに滑り込んだ。そして、緊張が解け、冒頭のシーンになるわけ。これを執筆している現在は嬉しさを堪能しているのでご安心を。

ラップ表
最後の5キロの苦悶・・・

 

追伸

「君なら2時間台で走れるよ」

知る人ぞ知るレジェンド楠田昭徳氏に言われた言葉

当時のPB3時間50分だった私はいい意味で勘違いして、少しずつタイムを更新し、3年近くかけて辿り着きました。

感無量です😭

 

CTA用”眼瞼下垂治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師金沢はなぜ自ら眼瞼下垂症手術を受けようと思ったのか?その経緯は?”
”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

個人的な体験、解釈、裏話もあります。

まぶた教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

教室をのぞいてみる

第四回水戸黄門漫遊マラソン
最新情報をチェックしよう!