かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン2018会場は駅チカ

 かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン2018

JR常磐線で上野駅から土浦駅まで、約一時間。駅チカの会場です。

かすみがうらマラソンのホームページ

参加者は14000人を超えます。天気が荒れる予報でしたがまずまず落ち着いてくれました😊

かすみがうらマラソン

1万6509人、激走

フルマラソンのスタートが10時。

黒く濡れたアスファルトの上をひた走ります。ところどころ水たまりもあります。

走り始めて間もなく左足裏に痛みを覚えました😰。

そう、足裏の皮膚がふやけてきたのです。しわになって亀裂になり、そこに体重が乗るので炎症を起こしました。

結局は足を引きずるように何とか完走。まだまだ経験不足です。

一方、裸足ランナーも見かけました。ぬれた硬い道路を裸足で42キロ。足裏の皮膚が耐えられるのだろうか?心配になります。大丈夫ですか?

視覚障がい者ランナーが早いです。だからサポートランナーもそれなりの実力者です。ワンちゃんと走るわけではないんですね。

盲人男子の部一位が2:46:54ですよ。伴走ランナーはリレーするのでしょうか?

かすみがうらマラソンメモ

駅チカの会場

で油断すると、改札出てから更衣室まで歩くと20分位です。注意です。

荷物預かり

長蛇の列です。20分は覚悟を。コインロッカーも考慮(数に限りあり)してもいいかも。

8時45分ころに土浦駅につきましたが、スタートブロックに着いたのは10分前でした。🤭時間の余裕がもっと必要でした。

マンモスマラソン大会

参加者が1万人を超えます。Bブロックの私は、スタートしてから5キロは団子状態に埋もれていました。逆に言うと5キロすぎると、コースが右折します。すると急に道が広くなって散らばりました。

ここから勝負です。そしてこの地点までは我慢ですね。

コースは比較的走りやすい

前半に上り下りは少しありますが、後半はずっと平坦です。

エイドは充実

スポーツドリンクはアミノバリューでした。給食もたくさん。

かすみがうらマラソンのコース

かすみがうらマラソンのコース

あとがき

本当に辛い後半戦でした。足が痛くていたくて😭。沿道で応援してくださる方々に笑顔で答えたいのですが、顔が泣きっ面(しかめっ面?)のまま。。。。

この写真はゴール直後です。渾身の力を振り絞って笑顔を作りました。「眉間の力を抜いて頬の筋肉をつかって口角を引き上げ・・・・」作り笑顔を意識しました😐

余力のない時って笑顔の表情って難しいんですね。

ゴール直後に記念撮影

ゴール直後に記念撮影。無理に作り笑いしてます。足はジンジン激痛で心は😭泣いています

かすみがうらマラソンのコース

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定メール講座


「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」
世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

講師の金沢の個人的な体験や解釈を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページでご確認を。

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく