防犯サポーターとしてパトロールランします🏃🏻‍♂️

「街を走っているランナーって邪魔だなあ、危ないなあ」

「暗い夜道を走っていると驚かされる」

そう感じている人もいるでしょう。

ごもっともです。

そんなランナーも、世間の役に立ってほしいよね!ということで、

街を見守るパトローラーになります

時は上尾シティマラソン大会会場(2019)でした。防犯サポーターの募集チラシを配っている男性がいました。「よろしくお願いします!ご協力お願いします!」と声を張り上げています。走り終えたランナーたちはそんなチラシに目もくれずに果物を頬張り、暖かい汁をすすっていました。そんな中、走り終わって達成感に浸っていた私はさくっとチラシを受け取ったのです。

防犯サポーターチラシ
募集のチラシ
防犯サポーターのチラシ
応募の仕方はシンプル
スマホアプリから申し込みしてください。

走り始めて3年近くになる私も、ランニング中に高齢な男性が流血して倒れていたのを救助活動をした経験がすでにあるのです。ほかにも自転車にのる母子を助けたり・・・

まあ、それだけでなく、「見守り」という役割の可能性も大きいと感じていました。子供達が安心して外出できる世の中になってほしいのです。

応募してから2ヶ月で「防犯サポーターグッズ」が届きました。青いウェストポーチとブルーに光るLEDライトです。これでわたしも公認の「防犯サポーター」となりました。

ウェストポーチ
ウェストポーチにはiPhoneもすっぽり収まります

早速身につけて見守りランに出かけました。

ウェストポーチをつけて
目立ちます

んん〜ちょっとダサい😅

でもこのくらいインパクトがあった方が悪いことを企んでいる人には抑止力になります?

実際走ってみるとウェストポーチが結構揺れる・・・・

走り方がぶれてるのかな?ゆっさゆっさ揺れすぎて気持ち悪くなりました。上下動のない走り方が求められます😭

こんな人にオススメ

  • ジョギングをする人
  • 犬の散歩をする人
青いウェストポーチと青いライトを光らせている人がいたらそれは防犯サポーターです。よろしくお願いします。
これをつけて自分が事故にあうなど、恥ずかしいことにならぬよう注意しないとね😄
ゆう
眼瞼下垂の人がいないか、すれ違いざまにチェックもしてますよ〜〜

 

 

 

 

 

CTA用”眼瞼下垂治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師金沢はなぜ自ら眼瞼下垂症手術を受けようと思ったのか?その経緯は?”
”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

個人的な体験、解釈、裏話もあります。

まぶた教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

講座の詳細はこちらへ

防犯サポーターチラシ
最新情報をチェックしよう!