旅ラン@ワルシャワ 見知らぬランナーと

ワルシャワの街
朝ラン

すれ違うたびに手を挙げて

”Hi✋🏼”

”Hi🖐🏼”

ポーランドは首都ワルシャワを朝ランニング🏃‍♂️

ランナーがちらほらいます。すれ違いざまにさらっと私に手を挙げて挨拶するのです。

偶々なんかではありません。5割以上の人が挨拶してくれたのです。

コミュ障の私もだんだんテンションが上がります。こちらから挨拶するようになります。

“Hi✋🏼”

”Hi🖐🏼”

なんだか嬉しいのです。

心が通う感じがするのです(自意識過剰?)国境を越えてのコミュニケーションです。共通の趣味を持つもの同士、もっと絡んでもいいのかもしれませんね。ちょっと勉強になりました。

 

海外を訪問するということ。

ホテルやレストランでのコミュニケーションは、あくまで「客」として接客されるもの。その時の自分の意思が伝わったかどうか、相手の意図が理解できたかどうかという面白さはあります。

しかし、ランナーとして対等な立場でコミュニケーションを取れるということが新鮮でした。

 

公園にて
公園が多い

 

街中は基本石畳です。疲れます。しかし公園が多いため、気持ちが清々しい。

昨晩は賑やかだったであろう広場はすでに綺麗に掃除されていました。ひと気がないこの静けさにワビサビを覚えるのです。

ワルシャワの広場
この静けさが好き

ビスワ川を臨む。南京錠がジャラジャラ。どこの国でもやってるんですね。若者たちに幸あれ!

南京錠
恋の成就を祈願?

異国の地で「写真撮って!」と頼まれること度々。それもとっても嬉しい。なぜわざわざ外人の私に頼むのかちょっと理解できませんが。

「写真撮るのが好き」オーラを発してます?

ランニングコース
7.2キロランでした

 

ワルシャワの街
最新情報をチェックしよう!
>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”眼瞼下垂治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師金沢はなぜ自ら眼瞼下垂症手術を受けようと思ったのか?その経緯は?”
”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

個人的な体験、解釈、裏話もあります。

まぶた教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG