SEARCH

「眼瞼下垂」の検索結果239件

  • 2019年5月17日
  • 2019年5月13日
  • 0件

眼瞼下垂になると顎を突き出すようになる

「顎を突き出してモノを見る」 これは眼瞼下垂症チェックリスト項目のひとつです。 まぶたが下がってくると(眼瞼下垂)、視野の上半分が欠けてきます。そこで、視線を落とした状態(下目使い)で、顎を突き出すと、また視野が回復します。 テレビを見る時、車を運転する時、いつの間にかこのような姿勢になっているのです。この時、首の後ろの筋肉も緊張しており、首コリの原因にもなります。 とはいえ、無意識にこのような姿 […]

  • 2019年5月10日
  • 2019年5月9日
  • 0件

目の周りの脂肪、眼窩脂肪(がんかしぼう)とは?

目玉(眼球)の周りを包み込むトロトロの眼窩脂肪 眼球とその周りの筋肉や神経が描かれています。眼球はソケットに収まった電球のようですが、電球のように周りが空気ということはありません。そこを眼窩脂肪が埋めているのです。 眼窩脂肪の機能 眼球を守るクッションになり、また外眼筋の働きをスムーズにし、外眼筋への栄養を提供(と言われている)し、眼球外眼筋の保温機能(熱産生)もある(仮説)、という役割があります […]

  • 2019年5月7日
  • 2019年5月7日
  • 0件

おびんづる様

「頭が良くなりたい!」 なんて無邪気にはしゃいでいる女子たち。ゴシゴシとテカテカの坊主頭を撫でている。 真っ赤な身体のお坊さん。つやつやにテカっている。 「おびんづる様」である。 「自分の身体の悪いところを撫でると、そこが治りますよ」という。 そんなにゴシゴシすると頭が禿げちゃうじゃないか!と心配に。(実際には塗料は剝げ落ちるらしく、定期的に塗装するよう) 場所は川越、蓮馨寺(れんけいじ)。令和の […]

  • 2019年4月26日
  • 2019年5月10日
  • 0件

眼瞼下垂で確認すべきこと。前葉の下垂か?それとも後葉の下垂か?

私が眼瞼下垂患者さんを見る時、「前葉の下垂か、後葉の下垂か」を瞬時に判断します。 まぶたには厚み(前葉と後葉)がある 前葉(anterior lamella)は、皮膚と眼輪筋。後葉(posterior lamella)は瞼板、眼瞼挙筋、ミュラー筋、瞼結膜が含まれます。 いわゆる腱膜性(退行性)眼瞼下垂は、後葉の下垂です。これは真の眼瞼下垂。対して、前葉のみの下垂は偽性眼瞼下垂(眼瞼皮膚弛緩症、ひと […]

  • 2019年4月19日
  • 2019年4月16日
  • 0件

眼輪筋を切除するとボツリヌス毒素注射が痛い

ボツリヌス毒素注射は痛い 「ボトックスでシワ取り」 眉間や目尻のしわは顔の表情筋が作り出す「折り目」です。筋肉が収縮すると皮膚が折りたたまれてしわが現れます。その筋肉の動きを弱めることでしわを消します。 薬理学的には神経と筋肉の接合部に作用して「筋肉を麻痺」させるのです。 しかし、この薬剤を筋肉に届けるために局所に注射する必要があります。これが痛い。刺す瞬間、そして薬液が染み込む瞬間。その苦痛を上 […]

  • 2019年4月5日
  • 2019年3月21日
  • 0件

眼瞼下垂の治療方法は?

「眼瞼下垂症って飲み薬で治る?点眼でよくならない?特殊な機械で治せない?」 今回はいわゆる加齢性の(退行性)眼瞼下垂症が対象です。まぶたの中の構造が破綻した状態です。まぶたを持ち上げる筋肉の連結が緩んでしまうことが原因の眼瞼下垂。じわじわとアキレス腱が伸びて緩んでしまった状態をイメージしてください。 そもそも眼瞼挙筋はまぶたのフチにゆるく固定されているものなのです。「蝶々結び」で連結していて、加齢 […]

  • 2019年3月29日
  • 2019年3月18日
  • 0件

眼瞼下垂症手術の合併症をあらかじめ知っておきましょう

「手術の失敗ってないの?リスクはないの?」 心配になりますよね。当然です。そして、実際、リスクはあるのです。 眼瞼下垂手術前にあらかじめ理解しておくべき合併症 手術合併症とは、手術後に一定割合で生じる不可避の症状、病気です。自然経過で改善するものもあれば、 追加治療・追加手術を必要とすることもあります。 一方、医療過誤、医療ミスは別です。これらは左右の取り違え、薬品を間違える、患者データを取りちが […]

  • 2019年3月22日
  • 2019年3月22日
  • 0件

まぶたってどうやって持ち上がるの?眼瞼下垂症の病態生理学

まぶたが下がると筋肉が緊張し、交感神経が興奮します。そう、カラダが眼瞼下垂に対して反応するのです。その反応は無意識に起きています。どのようなメカニズムになっているのでしょう?20年前の医師たちはその生理学に対してほとんど無知だったのですよ。 眼瞼下垂症を機能解剖、神経生理学から見ましょう 何がまぶたが持ち上げているの?正常な解剖と生理学 まぶたを持ち上げる筋肉を眼瞼挙筋(がんけんきょきん)といいま […]

  • 2019年3月15日
  • 2019年3月14日
  • 0件

眼瞼下垂にも種類がある|学術的分類

眼瞼下垂症と聞くと、加齢現象を連想します。しかしそれだけではないのです。診断によって治療方針は違ってきます。まぶたが下がってしまった人はいきなり美容外科に行くのではなく、まずは医学的な診断をすることが大事です。 (1)先天性、後天性に分類する 先天性:生まれつきに「眼瞼下垂」を持つということです。congenital。 上眼瞼挙筋自体の異常 上眼瞼挙筋を動かす神経のエラー (例:Marcus Gu […]

  • 2019年3月8日
  • 2019年3月8日
  • 0件

眼瞼下垂についてよく聞かれる質問

質問コーナー みなさんからよく聞かれる質問です。疑問に思うことがあったらあらかじめ解決しておきましょう。 Q1. 手術の合併症について教えてください。 A1. 出血、左右差、皮膚の知覚異常、切開部の違和感などがあります。詳細はこちら。 Q2. 手術は日帰りでできますか? A2. 自宅でキズの管理のできる方は日帰りで手術を受けられます。しかし、ご自宅にヤンチャな子どもやペットがいる場合はくれぐれもご […]

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクと利益を冷静に評価したいですか?”
当然ですよね。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話を盛り込みました。嘘偽りのない真実です。まぶた治療に誘導するものでもありません。適性のない人はむしろ治療をしない方向に誘導するくらいですよ。

まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG