まぶた治療に特化した形成外科専門医が作った眼瞼下垂情報
TAG

眼瞼下垂症

  • 2020年3月13日
  • 2020年6月16日
  • 0件

ふたえの幅の左右差ができる原因は複数ある

二重(ふたえ)の幅って何? 「ふたえの幅」って、ふたえの谷間が奥に引っ込んだ「奥二重」から、広~く見える「幅広ふたえ」があります。 この「二重幅」は、一般的には「見かけの二重幅」を指します。 “pretarsal show” (プレタルザルショー) 直訳すると「瞼板前の皮膚が隠れずに見えている部分」 となります。“apparent crease hight”(見かけの二重幅 […]

  • 2020年2月21日
  • 2020年6月16日
  • 0件

眉下切開で上まぶたのたるみをとった。眉が下がって効果半減

眉下切開(上眼瞼リフト)で眉位置が下がる 眉下切開が普及してきました。侵襲が小さいのと、まぶたの前葉が下がる「偽眼瞼下垂」に対するシンプルかつ合理的な術式です。 以前の記事で「眉下切開術後に眉が下がる」ということを指摘しました。 何ミリ程度下がるのか?はやってみないと分かりません。個人差が大きいです。 今回は絶妙な位置にホクロがあり、その結果眉位置の変化をわかりやすく捉えることができた貴重な経験を […]

  • 2020年1月31日
  • 2021年1月4日
  • 0件

「やってみないと分からない」思い通りにいかないのが眼瞼下垂症手術 黄色腫の例

やってみないと分からない眼瞼下垂症手術 「まぶたが上がれば眉は下がる筈…」 「切開したところがふたえの谷間になる筈…」 理屈ではそうです。大体はそれで合ってます。 しかし、そうならない人もいるのです。 患者さんの特性もあれば、術者の技量にもよるでしょう。 まぶた手術ではデザイン通りの結果にならないことは往々にしてあります。 この点はあらかじめ理解、承知しておく必要があります。 生きた人間がターゲッ […]

  • 2020年1月24日
  • 2020年6月16日
  • 0件

血管迷走神経反射って?眼瞼下垂の抜糸でお腹が鳴った

血管迷走神経反射 朝礼で校長先生の話が長すぎて倒れた 予防接種で卒倒した(意識を失って倒れた) これは血管迷走神経反射と言います。俗に「貧血を起こした」というものです。 ある種の緊張状態に置かれると自律神経のバランスが狂い、副交感神経(迷走神経)が暴走します。すると脈拍が落ち、意識を失うのです。 だから「貧血」という表現は全くの間違いです😅 私も学生時代に経験した 採血実習でグループのパートナーに […]

  • 2020年1月17日
  • 2020年6月16日
  • 0件

眼瞼下垂が表情筋の緊張バランスに与える影響

このモニターさんをご覧ください。右が眼瞼下垂なのはすぐにわかりますね。もう1つ注目していただきたいのが顔の表情筋のバランスです。ほうれい線の深さを見てください。 右のほうれい線が深いです。唇の先を見てください。 口先が右に偏っています。 眼瞼下垂になると表情筋がこわばる 眼瞼下垂で 眼輪筋 上唇鼻翼挙筋 前頭筋 の緊張が強くなります。 ミュラー筋への負荷が顔面神経の興奮をもたらす 眼瞼下垂になると […]

  • 2019年12月27日
  • 2023年12月13日
  • 1件

眼瞼下垂の手術の効果はいつまで続く?

「眼瞼下垂の手術の効果は何年持ちますか?」 よく聞かれる質問です。 これに対して、はっきり「何年」と回答することができません。 手術をしたその日から、まぶたはジワジワと劣化していきます。顔面骨も萎縮し、眼球も落ち窪んで行くでしょう。 関連記事:「加齢と奥目と眼瞼下垂」 若くて目がぱっちりしていた時を「10」とし、まぶたが下垂しきって完全に目が閉じてしまう状態を「0」と定義します。加齢とともに「0」 […]

  • 2019年12月20日
  • 2021年2月18日
  • 1件

まぶたの手術後に起こる「術後けいれん」て何?まぶた難民になる…

まぶたの怪我や手術後に生じるけいれん まぶたの手術後(埋没法含む)やまぶたの怪我の後に生じる、目周りの痛みや違和感です。若いヒトに見られます。現在においては、学術的にコンセンサスが得られている病態ではありません。したがって診断も無く、そして治療法もないので「まぶた難民」となることもあります。 まぶたの診療に携わる医師が経験しており、医師同士で情報をシェアしています。しかし、なかなか学術的にオープン […]

  • 2019年12月6日
  • 2020年10月20日
  • 0件

眼瞼挙筋(がんけんきょきん)とは

こんにちは、形成外科専門医の金沢です。 まぶた治療関係者は「挙筋(きょきん)が〜」などと呼びます。 眼瞼下垂の手術中に、「挙筋が動いてない」「挙筋が外れてる」「挙筋に麻酔が効いちゃった」とか聞こえる時があります😅 眼瞼挙筋って何でしょう? 結論から言うと「まぶたを持ち上げる筋肉」。 でも、まぶたを持ち上げる筋肉はいくつかあります。 眼瞼挙筋:動眼神経支配 ミュラー筋(Müller’s […]

  • 2019年11月29日
  • 2020年6月16日
  • 0件

眼瞼下垂の手術に適した年齢とは?適齢期ってある?

眼瞼下垂症手術の決断の時期は?適した年齢は? 「手術はもっと年取ってからの方がよいのでしょうか?」 「手術しても、どうせまた下がってくるだろうからギリギリまで我慢した方がよいのでは?」 よくある質問です。 先日は「手術は押し売りはしない」といいました。 が!しかし、 実は少々早い方がメリットが多いのです。なぜかって? 早めに手術をすることのメリット 若いうちはまぶたの皮膚がスウェット生地なのです。 […]

  • 2019年11月22日
  • 2021年3月8日
  • 0件

眉の高さ(位置)を制御するのは前頭筋だけではない。眼輪筋などの眉を下げる筋肉も参加している

眉の高さが眼瞼下垂の程度で変わる 「眼瞼下垂術後におでこのシワが浅くなったけど、目尻のシワが増えました😅」 このような変化はよく起こります。眉の位置が術後に下がることが原因。 眼瞼下垂になると前頭筋にチカラが入って眉が上がり、おでこジワができます。狭くなる視野を補おうとするバックアップシステムでしたね。まぶたの前葉を持ち上げて視野を確保しようとする、自然なかつ合理的な身体の反応。 一方、眼瞼下垂が […]