TAG

他院修正

  • 2019年6月21日
  • 2019年10月10日
  • 0件

過大開瞼を修正|思い通りにならない眼瞼下垂の他院修正

ここでいう「他院修正」とは、他院もしくは他の医師が執刀した手術後患者さんの「修正手術」を意味します。 他の医師が執刀した手術の修正を担当することは、多くの医師が敬遠します。その理由はかつて以下の記事で述べました。 理由として、 「瘢痕組織を剥離(さばく)するのが難しい」 「前の手術までに何がなされているのかが分からない(開けてみるまで分からない)」 というものでした。 つまり、言い換えると 「結果 […]

  • 2019年2月8日
  • 2019年9月20日
  • 0件

眼瞼挙筋の過剰な前転がもたらす、まぶたの合併症|眼瞼下垂症手術

「頬がビリビリするんです。。」 そう訴えるのは他院で眼瞼下垂手術をした患者さん。ぱっと見は綺麗な仕上がりです。 眼瞼下垂症手術の合併症としての異和感(違和感) 傷を作れば、かならず傷跡になります。少なからず感覚にも影響を及ぼします。しかし、病的に異常感覚を伴う場合もあります。 その原因の一つに、「過剰な前転」があります。眼瞼下垂の手術では挙筋腱膜を引っ張り出して固定するのですが、引っ張り出しすぎて […]

  • 2019年1月25日
  • 2019年10月10日
  • 0件

眼瞼下垂術後の異和感(違和感)

「まぶたが外へひっくり返る感じがするんです」 そう言って、他院で眼瞼下垂の手術を受けた患者さんが来院しました。 まぶた手術後のまぶたの変な感じ まぶたって感覚的にもとてもナイーブな組織。まぶたの手術後に傷のツッパリ感とか、感覚の鈍さ、知覚過敏などなど、いろんな症状が局所で起きています。「まぶたの中の方が引っ張られるような・・・・」とか具体的な感覚を持つ人もいるし、「なんと表現したら良いか。。。なん […]

  • 2018年9月14日
  • 2019年9月20日
  • 0件

なぜ他院修正の手術は敬遠されるのか?執刀医視点で解説します

名無し まぶたの修正手術を別の先生にお願いしたけど、嫌がられてるんです 他院修正(たいんしゅうせい)とは? まぶたの修正手術が必要。しかし、初回(前回)手術の執刀医とは別の医師にその手術を依頼することがあります。その修正手術を「他院修正」と言います。医療者側視点の言葉です。 厳密に言えば、「他の医師執刀の修正手術」となります。 一般の外科医は、他院修正手術の執刀はしたくありません。なぜでしょう? […]

  • 2017年11月3日
  • 2019年8月20日
  • 0件

「切らない眼瞼下垂手術」の修正は可能か?

「切らない眼瞼下垂手術の経過が思わしくない・・・」 「切らない眼瞼下垂手術」って? ざっくりいうと、 まぶたの下がり(眼瞼下垂症)を治す手術 まぶたを持ち上げるスジを縫い縮める まぶたの裏側からアプローチする まぶたの皮膚表にキズができないメリットがあります。 「切らない眼瞼下垂手術」による改善効果が一時的な事が多いのはなぜか? まぶたを持ち上げる動力を伝える材料としてミュラー筋や結膜を利用します […]

  • 2017年8月22日
  • 2019年9月18日
  • 0件

治療困難が予想された、眼瞼下垂症の他院修正のお話し

「4度目の正直」のまぶたの手術に挑んだ患者さんのストーリー 「左まぶたが下がってしまった。過去に3度もまぶたをあげる手術をしたけど上がらず。もう諦めています・・・・」 そう語るのは、別件で皮膚科クリニックを受診した患者さんです。院長の手配で私の外来を受診し、4度目の手術に挑戦することになりました。ずばり「他院修正」です。 その経過は最後に・・・・ 過去に手術経験のある眼瞼下垂症の治療計画 「一度ま […]

  • 2016年5月10日
  • 2019年9月18日
  • 0件

眼瞼下垂症修正手術(再手術)。修正対象の90%は左右差(低矯正)でした

眼瞼下垂症治療の合併症の一つに左右差があります。合併症とは、手術後に一定割合で生じる不可避の症状、病気です。まぶたはデリケートな場所であり、少しの不具合でも気になるものです。状況によって再手術(修正手術)を検討することになります。 修正手術の対象になるヒトは20人に1人くらいです。(他の施設の発表でも大体このくらい)。修正手術の対象はほぼ全てが「左右差」「重瞼線の乱れ」です。 私の担当する患者さん […]

  • 2015年3月13日
  • 2019年8月20日
  • 0件

土井秀明先生|こまちクリニック

眼瞼手術後の修正手術と言えば、 土井秀明先生 まぶたの修正手術をもっとも多く手がける医師のひとりです。 「他の医師が執刀したまぶたの修正」 この手術は非常に高いスキルが要求されます。 他の医師が執刀した手術の修正手術を頼んでも、応じてくれる医師は少ないのが現状です。 土井先生にお世話になった患者さんを拝見したこともあり、かねてから土井先生の手術手技を見たいと思っていました。 ついにクリニックの訪問 […]