TAG

逆さまつげ

  • 2019年2月1日
  • 2019年8月20日
  • 0件

「下まぶたの逆さまつげ」の手術の傷跡はしばらく赤くなります

手術で皮膚を切ると、傷跡はしばらく硬く、赤くなります。全ての部位の皮膚で、切開した傷は例外なく赤く硬くなる時期があります。 そして、半年から1年程度経て、元の肌色と柔らかさを取り戻していくのです(傷は残ります)。 傷が治るプロセスで起こる反応 傷が治るプロセスで、コラーゲンの塊が形成され、組織を修復する細胞たちが集まってくるのです。足場が建設されて、そこに人材やショベルカー、ブルトーザーがやってく […]

  • 2018年12月28日
  • 2019年8月20日
  • 0件

🏥目尻の白いスジは何?目がしょぼしょぼしているのは逆さまつげかも?

右目尻に「白いスジ」ができていますよ。 何が起きているのでしょう?ヒントは患者さんのコメント。 患者さん 涙が常にうるうるしているんです 目尻に涙がたまり、その涙が目尻に流れて蒸発し、白いスジを作っていたのです。 診断は「下眼瞼内反症」(かがんけんないはんしょう) 逆さまつげが目の表面を刺激し、ゴロゴロします。その異物感に対して、カラダは涙を多く分泌して目を守ろうとします。 放置すると目の表面を傷 […]

  • 2018年11月16日
  • 2019年8月20日
  • 0件

重瞼術(ふたえ手術)のルーツは19世紀に遡る

ふたえ(二重、重瞼)を作る手術っていつの時代から行われているのでしょうか? それは「1885年」に遡るのです。明治の初期ですね。 『重瞼術のルーツを求めて』演者:白壁征夫 第41回日本美容外科学会総会での発表です。聴衆として金沢が聞いた範囲でまとめます。多少の過誤はご容赦ください😅 かつて演者の白壁先生が1985年に”Annals of Plastic Surgery”で報 […]

  • 2018年4月13日
  • 2019年8月20日
  • 0件

「逆さまつげ」(上まぶた)は目だけじゃない、まぶたの表面や中身を壊す

上まぶたの逆さまつげ(睫毛内反) 子供のころからの悩みですね。😢 上まぶたの皮膚がまつげの上に覆いかぶさってしまいます。 いわゆる「ひとえまぶた」におこる現象です。 まつげが目の表面にあたり、目の表面を傷つけます。症状は 「しょぼしょぼ」感 目のかゆみ 目の痛み 目やに その結果、まぶたをゴシゴシ擦ってしまい、まぶたの皮膚がガサガサになっている人もいます。 つまり、目の表面だけでなく、まぶたも損傷 […]

  • 2017年8月29日
  • 2019年8月20日
  • 0件

上まぶたの内反症(ないはんしょう:逆さまつげの一種)は下まぶたと治療が違います

上まぶたの眼瞼内反症(がんけんないはんしょう:逆さまつげの一種)は目の表面をまつ毛が目を攻撃します。痛いです! まずは写真をご覧ください。左上まぶたの内反症です。まつ毛が目の表面に向けてニョキニョキ伸びています。 まつ毛の硬い先端が目の表面(角膜)をツンツンつついて傷をつけてしまいます。 上まぶたの眼瞼内反症(entropion) 眼瞼内反症は逆さまつげの一種で、まぶたのトラブルです。本来外向きに […]

  • 2017年6月23日
  • 2019年8月20日
  • 0件

加齢性の逆さまつげ、眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)とは?その治療法は?

加齢性の下まぶた内反症。下まぶたが皮膚(と瞼板)ごと目の中のほうにくるりとめくれ込んでしまう病態です。どのような治療法があるでしょうか? 今回は加齢性の眼瞼内反症を取り上げます 右左どちらか、もしくは両方のしたまぶたがクルンと内反(内向きに回転)して下まぶた自体が目の中に入り込みます。「逆さまつげ」の一種です。 加齢性の眼瞼内反症の原因は? 眼球が後退し、下まぶたの横方向のテンションが弱まる。横方 […]

  • 2017年6月20日
  • 2019年8月20日
  • 1件

逆さまつげ(睫毛内反:しょうもうないはん)の治療は?

まつげが目の表面にあたってしまう「逆さまつげ(睫毛内反:しょうもうないはん)」。目の表面を刺激して傷つけてしまいます。対処が必要です。 患者さん 下まぶたの逆さまつげの治療情報がネット上でほとんど見つけられなかったんです・・・・ とある、内反症の患者さんの声でした。そういえば、「逆さまつげ」をこのブログで取り上げたことはほとんどなかったことに気づきました。失礼いたしました。 「逆さまつげ」は3種類 […]

  • 2015年6月15日
  • 2019年8月20日
  • 0件

逆さまつげ治療で頭痛が改善した?

こんにちは、埼玉県上尾市の金沢@おおたけ眼科上尾医院です。 患者さん 手術をしてから頭痛が無くなった・・・・ 術後フォローアップ診察で、とある患者さんから発せられた言葉です。 下まぶたの加齢性眼瞼内反症に対して数ヶ月前に手術治療。それまで頻回にあった頭痛が治療後から全く無くなったとのこと。 頭痛が改善するのは眼瞼下垂症手術だけではないんですね。 逆さまつげ(睫毛内反症)で角膜(眼の表面)を刺激して […]