TAG

埼玉県

  • 2019年6月2日
  • 2019年9月17日
  • 0件

埼玉県で眼瞼下垂症手術をしている医療機関を探す方法

埼玉県で眼瞼下垂症の治療が受けられる医療機関は? 名無し 埼玉県で眼瞼下垂症手術を受けられる病院を探していました とよく言われます。埼玉県民にとって、病院選びは大変。悩みのタネです。 インターネットで検索しても広告っぽいサイトばかり目立ちます。病院選びのヒントをお教えしますね。 眼瞼下垂症手術をする診療科は形成外科と眼科 形成外科の開業クリニック:「〇〇形成外科」「〇〇形成クリニック」「〇〇美容外 […]

  • 2018年3月2日
  • 2018年9月25日
  • 0件

医師不足ナンバー1の埼玉県の医師はここにいた!埼玉県医学会総会へ参加

会場は埼玉県県民健康センターです。県庁の隣。 浦和駅から私の脚(きゃく)で10分です。道のりには老舗がチラホラ…よそ見してしまいます。 埼玉県医学会総会の特徴 埼玉県医師会主催の学術集会 埼玉県内の医師が集まり、研究や症例の報告をし、議論する 研修医の発表の登竜門でもある 「200を超える発表があり、増えました!」とのことです。活気が出てきたようですね。 参加者はM字 経験豊富そうな年齢がしっかり […]

  • 2017年11月10日
  • 2019年1月21日
  • 0件

刺激的なマラソンコース?写真で見る国営武蔵丘陵森林公園

埼玉県にある国営武蔵丘陵(むさしきゅうりょう)森林公園 通称:森林公園(ウェブサイト) 広大な敷地にマラソン(ランニング)コース(5キロと10キロ)がある。 以下のような人にお勧め。 信号に邪魔されずにまとまった距離を走りたい人 坂の上り下りの筋肉に刺激をいれたい人 景色が変わらないと飽きて途中で走るのをやめたくなる人 仲間と走る企画をしたい人 東京ドーム65個分の広さ。入園口が4つ(南口、西口、 […]

  • 2017年7月4日
  • 2019年11月5日
  • 0件

眼瞼下垂手術後のダウンタイムを最短にして、一刻も早く社会復帰する方法

眼瞼下垂症手術や逆さまつげの手術をすると、まぶたがプックリ腫れます。青い内出血の色がつくこともあります。見た目が痛々しいこの期間をどのようにしのげば良いのでしょうか?なるべく短時間で落ち着いてくれれば社会復帰も早まります。腫れと内出血の経過と、その対処法(すべきコト、すべきでないコト、裏技)をお伝えします。 まぶた術後に一刻も早く社会復帰するために ダウンタイムとは? 一般的に「ダウンタイム」の […]

  • 2017年6月26日
  • 2019年1月7日
  • 0件

腱膜性眼瞼下垂症とは?腱膜性(けんまくせい)って何?

「眼瞼下垂」というキーワードに付随してくる「腱膜性(けんまくせい)」とは何を意味しているのでしょうか?何が問題で眼瞼下垂になるのでしょうか? 腱膜は眼瞼挙筋の先のスジ(腱)である 例えると、腓腹筋・ヒラメ筋にとってのアキレス腱です。 腱膜がまぶたのフチに繋がっていて、眼瞼挙筋が収縮するとまぶたが持ち上がります。 腱膜が壊れて眼瞼挙筋のチカラが伝わりにくくなる=腱膜性眼瞼下垂症 例えると、アキレス腱 […]

  • 2017年6月20日
  • 2019年8月20日
  • 1件

逆さまつげ(睫毛内反:しょうもうないはん)の治療は?

まつげが目の表面にあたってしまう「逆さまつげ(睫毛内反:しょうもうないはん)」。目の表面を刺激して傷つけてしまいます。対処が必要です。 患者さん 下まぶたの逆さまつげの治療情報がネット上でほとんど見つけられなかったんです・・・・ とある、内反症の患者さんの声でした。そういえば、「逆さまつげ」をこのブログで取り上げたことはほとんどなかったことに気づきました。失礼いたしました。 「逆さまつげ」は3種類 […]

  • 2016年9月13日
  • 2019年9月12日
  • 1件

見えないところに真実あり。まぶたの中身が垂れるのが本当の眼瞼下垂

加齢性の「眼瞼下垂症(まぶたのたるみ)」は2種類ある 表(オモテ)がたるんでかぶさってくるたるみ。そしてまぶたの中身のスジが緩んでまぶたが下がってくるたるみ。 まぶたのオモテ(皮膚と眼輪筋)がたるんでかぶさってくることを 偽性眼瞼下垂症 まぶた皮膚弛緩症 Dermatochalasis などと呼びます。 もう一つの、まぶたの中身のスジが緩み、機能不全になることを 腱膜性眼瞼下垂症 と言います。 病 […]

  • 2016年7月22日
  • 2019年1月6日
  • 0件

眼瞼下垂になるとなぜまぶしくなるのか?世界の七不思議

眼瞼下垂になり、まぶしく感じやすくなる人がいます。まぶたがたるんで下がり、視野が狭くなり、瞳に取り込まれる光の量が減るにもかかわらず、です。この現象については原因がはっきりとしません。二つの仮説を述べてみたいと思います。 まぶたが下がる(眼瞼下垂になる)とまぶしくなる 「眩しい(まぶしい)」という言葉は極めて主観的な形容詞です。他人が評価するのは難しいです。 眩しいと目を細めて顔をそらします。防御 […]

  • 2016年6月28日
  • 2019年1月11日
  • 0件

悲しい逆作用。眼瞼下垂で黒目が上に上がる

こんにちは、金沢です。 眼瞼下垂(まぶたのたるみ)は黒目の位置に影響を及ぼします。じっと正面を見ている時も黒目はやや上に上がり、下三白になりやすくなります。まぶたが下がって瞳孔にまぶたがかかり、視野が狭くなりやすい状況で黒目がさらに上に上がるという、逆作用が生じます。 眼球の位置に影響を与える眼瞼下垂 まぶたが下がり、眼瞼挙筋が機能しにくくなると上直筋が動員されます。眼球が上転するのを制限するため […]

  • 2016年6月7日
  • 2019年11月1日
  • 1件

左右差のある先天性眼瞼下垂症の治療の選択はなぜ難しいのか?

生まれつきの眼瞼下垂症。眼瞼挙筋が動かない場合は筋膜移植もしくは人工素材移植での吊り上げが適応になります。眼瞼挙筋に多少の動きがある場合は、挙筋前転が試みられます。ところが現実には、左右の先天性眼瞼下垂で、重症度に左右で違いがある場合もあります。治療の選択肢は?悩ましいですが一緒に考えてみましょう。 先天性の眼瞼下垂の治療の選択 眼瞼挙筋が動かない場合:筋膜(筋膜移植術)もしくは人工素材での吊り上 […]