【まぶた術後の腫れ,浮腫みを写真で確認】

まぶたの手術後は必ずまぶたが腫れます

まぶたは非常にデリケートです。眼球は生存に不可欠な臓器であり、生体防御としてもまぶたは重要な役割を果たします。蚊に刺されたり、軽く引っ掻いただけでも激しく腫れることがあります。これらも防御反応です。

まぶたの腫れはどのくらいで落ち着くのか?

まぶたの手術後1週間は強く腫れます。2週間程度で腫脹は徐々に軽くなります。

その後数ヶ月かけて落ち着いていき、6ヶ月から1年程度で最終形に落ち着きます。

以下にまぶた術後の腫脹の様子をモニター写真で示します。(化粧の無い状態です)。

 

術前
術前
術後4日
術後4日
術後7日目
術後7日
術後2週間
術後2週間

術後2週間あたりからは、むしろ浮腫み(edema)とも言えるような腫れかたです。

術後3ヶ月
術後3ヶ月
術後5ヶ月
術後6ヶ月

半年程度経過すると腫れも退き、ふたえ幅は狭く落ち着いてきます。(むしろ皮膚のたるみが目立ってきます。)

まぶた手術後のダウンタイム

腫れのために仕事などに支障をきたす時期を”ダウンタイム”と言います。ダウンタイムを最小化するためにも、腫れを長引かせない工夫が必要です。

血の巡りが良くなるような(頭に血が昇るような)行為は控えましょう。

ダウンタイムを最短にする方法はこちら

関連記事

眼瞼下垂症手術や逆さまつげの手術をすると、まぶたがプックリ腫れます。青い内出血の色がつくこともあります。見た目が痛々しいこの期間をどのようにしのげば良いのでしょうか?なるべく短時間で落ち着いてくれれば社会復帰も早まります。腫れと内出血[…]

アイキャッチダウンタイムを最短に
>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”眼瞼下垂治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師金沢はなぜ自ら眼瞼下垂症手術を受けようと思ったのか?その経緯は?”
”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

個人的な体験、解釈、裏話もあります。

まぶた教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG