辛さを感じる受容体が肌にもある|カプサイシンレセプター

まぶたへの麻酔薬の注射で感じるピリピリ。

これはカプサイシンを感じる受容体が反応しているのです。

カプサイシンといえば「唐辛子」。食べると辛さと痛み(灼熱感)を感じますね。

口の中に「辛さと痛みを感じる受容体(レセプター)」があるのです。

TRPV1 transient receptor potential

1997年に発見された神経末端の受容器です。最近の発見。

肌、腸管(口だけでなく肛門にも)など全身に分布します。

受容体というのはシグナルを受け取る「鍵穴」です。「ハマる鍵」を受け取るとスイッチがオンになります。

そして神経を通じてカラダが様々な反応(生理作用)をおこします。

TRPV1のスイッチをオンにするもの(鍵)

なぜか複数あります。これがこの受容体の特徴です。

  • 43度以上の温度
  • カプサイシン
  • エタノール
  • リドカイン

あっついお風呂は痛みを感じます。

英語で”Hot!”は熱さもしくは辛さを表します。まさに同じ受容体が反応していたんですね。

リドカインは局所麻酔薬。

だから薬が染み込むタイミングではしみるんです。

目の表面の点眼麻酔も一瞬ヒリヒリしみますよね。

 

生理作用

(1)交感神経賦活

副腎髄質からのアドレナリンの放出を促します。血圧、心拍数をあげるなど交感神経を興奮させます。

血糖と脂肪酸の利用をうながします。

辛いものを食べるとカラダが熱くなりますよね。体温上昇効果もあります。

(2)胃酸分泌抑制

食欲を促すので胃酸分泌は増えそうですが、逆の効果のようです。これは意外。

(3)局所の痛み、灼熱感

侵害に対する身体防御機構です。

注射直前にまぶたを冷やす意味

冷やす女性
アイシング

私は局所麻酔(リドカイン)注射直前にまぶたを冷却します。

リドカインは先ほど述べたように「受容体にはまる鍵」でしたね。

受容体(レセプター)の感受性を低めることができるからです。結果、痛みを減らすことができます。

熱々のカレー冷たいカレー熱いチゲ鍋冷たいキムチを想像してください。

冷却辛さ(灼熱感)を感じにくくさせます。

 

(追記)

なお、お食事中の激辛を感じてから水で流しても遅いそうです。

カプサイシンは脂溶性であり、細胞内へ移行してから受容体と結合します。だから辛さを感じるまでにタイムラグがあり、かつ、感じてからは水で流しても遅いというわけですね。(富永真琴先生の記事参照)

燃える唐辛子
熱さと辛さが同時に

 

参考

◎Leffler A, Fischer MJ, Rehner D, et al. The vanilloid receptor TRPV1 is activated and sensitized by local anesthetics in rodent sensory neurons. J Clin Invest. 2008;118(2):763-776. doi:10.1172/JCI32751

◎温度感受性TRPチャネル(富永真琴)

◎Caterina MJ, Schumacher MA, Tominaga M, Rosen TA, Levine JD, Julius D. The capsaicin receptor: a heat-activated ion channel in the pain pathway. Nature. 1997 Oct 23;389(6653):816-24. doi: 10.1038/39807. PMID: 9349813.

 

眼瞼下垂完全ガイド

「眼瞼下垂って放置するとマズい?眼瞼下垂手術の危険性は?」

あなたのカラダは乗り換えができない唯一かつ一生モノの乗り物。あなたのカラダの事を最大級に真剣に思ってくれるのは、あなた自身に他なりません。

\\まぶたはあなたの命//

無料で「完全ガイド」を手に入れる

LINE版はこちら!(4日間短縮バージョン)(無料)

515人の方が受け取り済みです。

「ネットでの情報収集に疲れた…」「大きなリスクを回避したい」と思う方は、上☝️のボタンから次のページへお進みください。

本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワー…

カプサイシンレセプター
最新情報をチェックしよう!