まぶた治療に特化した形成外科専門医が作った眼瞼下垂情報

血管迷走神経反射って?眼瞼下垂の抜糸でお腹が鳴った

血管迷走神経反射

  • 朝礼で校長先生の話が長すぎて倒れた
  • 予防接種で卒倒した(意識を失って倒れた)

これは血管迷走神経反射と言います。俗に「貧血を起こした」というものです。

ある種の緊張状態に置かれると自律神経のバランスが狂い、副交感神経(迷走神経)が暴走します。すると脈拍が落ち、意識を失うのです。

だから「貧血」という表現は全くの間違いです😅

私も学生時代に経験した

採血実習でグループのパートナーに採血してもらうのですが、お互いに「初心者」。気丈に振る舞うも怖いものは怖い。

自分の肘を差し出すも、案の定失敗。自分の肘から血液が逆流して外に溢れてきました。

それから数分。。。「金沢…顔青いよ。。。」

そう、自分の頭がぼうっとしているのが分かりました。ここで倒れたたまるか!む〜〜〜〜!と気合いを入れますが全く反応なし😱

副交感神経にスイッチが入ってしまうとどんなに力んでも戻れません。ほんの少し横にならせてもらったら速やかに回復したのでした。

副交感神経が暴走

交感神経は緊張状態。闘争や逃走の状況に対応するための反応。血圧を上げ、バクバク脈拍を増やし、手に汗をかく状況ですね。一方交感神経はその逆。寝る時、リラックスする時です。つまり脈拍がおち、消化管の動きを促して食事の消化を進めます。

ただし、このバランスが狂って暴走すると困るのです。副交感神経が暴走すると、極端に脈拍と血圧が下がることで意識が遠のいたり、下痢を繰り返したりするのです。

眼瞼下垂の抜糸の時にお腹がなる

お腹が

「ぐ〜」

これって恥ずかしいですよね。

とくに抜糸の時に患者さんのお腹がなり、

「すみません!お腹が鳴ってしまいました!」

とわざわざ申告してくれます。

心配しないでください。我々も時々お腹を鳴らしています。空腹というわけではないんですよね。

ただ、緊張した静寂の中でお腹がなるものだから、滑稽に感じてしまうんですね。

胃のあたりの動きが活発になってるのでしょう。

副交感神経が優位になっていると予想されます。そして腸蠕動が活発になっているのでしょう。

ちなみにリラックスするとお腹が鳴ります。マッサージを受けるとお腹がなる人が多いようですから。

では抜糸の時もリラックスしているのでしょうか?

身を投げ出して仰向けになるというのは、捕獲されて逃亡を諦めた、草食動物の様な状況と想像します。決してリラックスではないと思います。

つまり、冒頭で述べた状況に近いものと思われます。過剰な緊張からおこる、迷走神経反射のひとつと思われます。

 

 

眼瞼下垂完全ガイド

「完全ガイド」メール版(無料)

公式LINE版はこちら!(無料)

なぜ眼瞼下垂治療で失敗してしまうのか?20年以上の経験から紡ぎ出された対策です。

そして情報収集の旅もここで完結です。

特典:筆者の手術体験記、本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワード、手術併発症リスト(PDF)
迷走神経反射
最新情報をチェックしよう!