眼瞼下垂症手術は入院が必要?

病室
入院は必要??

眼瞼下垂症手術を左右両側受けた場合、入院は必要でしょうか?

答えは「必ずしも入院は必要ない」です。片目の手術では入院は不要です。

三つの選択肢を用意しています。(施設によります。)

  • 外来手術:手術が終了したらそのまま会計して帰宅。
  • 日帰り一日入院:午前に入院して手術、術後病室で創部ケアを行い、夕方退院。
  • 一泊入院:手術後一晩創部ケアをしながらお休みし、翌日退院。

ダウンタイムをより短期間にするには、術直後から極力安静にして創部ケアを行うことが求められます。

車の運転は無理なので公共の交通機関を利用するか、付き添いの方に送迎をお願いします。

遠方の人は術後の安静が図れません。入院するか、近隣にホテルを取ってお休みするのがおすすめです。

創部ケアに自信の無い方には入院をおすすめします。

創部ケア方法

水道水でしめらせたガーゼで患部を覆い、適宜交換します。適度の圧迫とクーリング、および出血のドレナージを促します。腫脹(はれ)と内出血斑(あおあざ)を最小限にするのが目的です。

帰宅の長い行程では、保冷剤で時々冷やすケアをすると良いでしょう。

(2015年10月8日 加筆修正)

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG