腱膜性眼瞼下垂症とは

金沢です。

かつての教科書では眼瞼下垂症といえばうまれつきのもの(先天性)もしくは病気があってまぶたがさがる(症候性)が治療の対象とされてきました。

しかし近年はむしろ腱膜性の眼瞼下垂症が治療の対象としてほとんどを占めるようになってきました。

腱膜性眼瞼下垂症とは


まぶたを持ち上げる筋肉を眼瞼挙筋といいます。眼窩の奥から眼球の上を回り込んでまぶたの縁(ふち)につながります(イラスト1,2)。この眼瞼挙筋腱膜がまぶたの縁にある瞼板(けんばん)からはずれたり、もしくは伸びてしまって、力が伝わりにくくなった状態を腱膜性眼瞼下垂症といいます(イラスト3,4)。初期は(額にしわを寄せて)眉を挙げ、眼瞼挙筋を過収縮させてまぶたが持ち上がります(代償期)が、進行すると視野をさえぎるように(非代償期)なってきます。

加齢によるものやマブタを擦る習慣などによって徐々に進行します。
 
横顔1

 

横顔2

 

眼瞼挙筋

 

眼瞼挙筋2

 

CTA画像

眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではありません。

”他院でどんなトラブルが起きているのか?”も含めて、より一層踏み込んで解説します。

また、担当医(執刀医)選びを誤ったら全てが台無しになります。間違いのない担当医の選び方を伝授します。

無料メール講座

教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。

最新情報をチェックしよう!