眼瞼下垂の治療を受ける前にすべきことと情報収集キーワード

こんにちは、金沢です。

「肩こりや頭痛の原因がまぶたにあるかも?眼瞼下垂症?」メディアや口コミなどからまぶたの治療に興味を持ち、インターネットで情報収集を始めますね。これを皮切りにまぶたの世界へ入ります。
インターネットで情報収集を始めましょう
インターネットで情報収集を始めましょう

その後、具体的にどのような流れでまぶた治療に進むのでしょうか?

まぶたの治療を受けるまでのプロセスをまとめました。

  1. まぶたに興味を持つ。自分が眼瞼下垂症なのでは?と思う。
  2. インターネットで情報収集を行う。(あなたは今ここですね?)
  3. まぶた治療を前向きに検討する。
  4. 相談する病院、クリニックを探し、治療を相談する医師を決める。
  5. クリニックの予約を取る。
  6. クリニックを訪れ、担当医師の診察を受ける。
  7. 治療の適応がある(手術をすることが望ましい)と判断されたら、治療の内容や経過、リスクについて説明を受ける。
  8. 不明な点があれば質問する。必要があれば他のクリニックでも相談してみる。
  9. 健康保険が適用できなければ、料金を確認する。
  10. スケジュールを相談する。
  11. 必要に応じて採血検査を行う。
  12. スケジュールに合わせて自分の身の回りの準備(仕事の調整など)を行う。
  13. 当日手術治療。

ここで重要なポイントを押さえましょう。

2. インターネットで情報収集

キーワード:「眼瞼下垂」「眼瞼けいれん」「眼瞼下垂症」「眼瞼下垂症手術」「挙筋前転法」「腱膜固定」「ダウンタイム」「腫れ」「内出血」「紫斑」「入院」「日帰り」「保険適応」「リスク」「傷跡」「瘢痕」「再手術」「修正手術」「左右差」「物が二重(にじゅう)に見える」「肩こり」「頭痛」「信州大学」「切らない眼瞼下垂」「ミュラー筋」「ミューラー筋」

以上について検索してみましょう。

4. 相談する病院、クリニックを探し、治療を相談する医師を決める。

診療科は形成外科もしくは眼科。担当医師が自分に合う人かよく考えましょう。「この人なら任せられる」と思える誠実な医師がオススメ。相性があるでしょうから実際に会ってお話しすることが一番。もちろん経験の多い医師がベター。ただし、経験の浅い医師でもしっかりした指導医が立ち会うなどバックアップ体制があれば大丈夫です。

6. クリニックを訪れ、担当医師の診察を受ける。

眼瞼下垂症などまぶたのトラブルの診断を受けましょう。重症筋無力症などの病気が隠れていることもあります。

7. 治療の適応がある(手術をすることが望ましい)と判断されたら、治療の内容や経過、リスクについて説明を受ける。

担当医師に眼瞼下垂症術式(手術の内容)を確認しましょう。

(1)挙筋前転(腱膜固定)法

(2)ミュラー筋タッキング(ミュラータック)、ミュラー筋前転

(3)(1)と(2)の両方

(4)その他、筋膜移植、まぶたの裏からのタッキングなどなど

特に、ミュラー筋の処理があるかどうかは忘れずにチェックしておいてください。これは他の医師から修正手術を受ける際に重要な情報となります。

8. 不明な点があれば質問する。必要があれば他のクリニックでも相談してみる。

複数の医師に相談するのも良いでしょう。比較することでよりよく理解が進みますし、相性の良い医師に出会える確率が高まります。

最後に

いかがでしたか?治療を受けるまでにすべきことです。大きな(高額な)買い物をするのと同じです。ようく下調べしましょう。

[voice icon=”https://manabuta.jp/wp-content/uploads/2017/05/c14176b8e7bba9b67e7f617482a24926.jpg” name=”かなざわ” type=”l”]最近は調べ物はスマホ派が多数派になりましたね!わたしはまだPC派ですが・・・あなたはどちら?[/voice]
インターネットで情報収集を始めましょう
最新情報をチェックしよう!
>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”眼瞼下垂治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師金沢はなぜ自ら眼瞼下垂症手術を受けようと思ったのか?その経緯は?”
”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

個人的な体験、解釈、裏話もあります。

まぶた教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG