眼瞼下垂で初めて受診。忘れ物しないためのチェックリスト

眼瞼下垂の初診(初めての受診)時に、あらかじめ準備しておくべきものを挙げておきました。参考にしてください。

準備するもの

  • 医療情報:以下で解説
  • 健康保険証
  • お薬手帳
  • 未成年の場合は保護者
  • 自分の過去の病気リストのメモ:病名を忘れていたりするものです
  • 暇つぶしグッズ:待合室で
  • 自分が担当医に伝えたいことメモ:あらかじめ情報収集している人ほど疑問点が多いものです
  • 病院によっては印鑑
  • メモ帳とペン
  • スケジュール帳(仕事や通院、旅行、イベントなど):落とし穴です。

(以下は金沢が個人的に欲しいもの)

  • まぶたが下がる前のスナップ写真(運転免許証も可):以前の顔立ちは参考になります。

最後のスケジュール帳は大事です。いざ手術スケジュールを組む際にスケジュールが分からないと、そこで全てがストップしてしまうからです。スケジュール帳を忘れた場合はどうなるのでしょう?

最後に解説します。

必要な医療情報(問診事項)

眼瞼下垂で病院を初めて受診する時(初診)、どの病院でも共通の内容の問診があります。急に問われると、「ええっと〜」と戸惑いますよね。その情報について、あらかじめ整理しておくと問診がスムーズに進みます。その結果、あなたにとって、より充実した診察時間となるでしょう。

メモ用紙に記録して持参することをお勧めします。以下のことを確認してください。

  1. 発症はいつ?もしくは自覚はいつ?
  2. 既往歴、アレルギー
  3. 普段の内服薬
  4. 局所麻酔のトラブルの経験の有無
  5. 過去のまぶた手術治療の経験
  6. 複視の有無
  7. 日内変動の有無

それぞれについて解説します。

1. 発症日もしくは自覚した日

眼瞼下垂になった年月日です。もしくは

  • まぶたが重い
  • 視野が狭い
  • まぶたが邪魔だ

と自覚した時です。大雑把に「半年前」「何年前」でも構いません。

2. 既往歴、アレルギー

現在の持病及び過去の病気の経験です。目(眼球)の病気の情報も忘れずに。

(例)

  • 白内障:特に手術をしたかどうか
  • 緑内障:点眼や手術の情報
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 脳梗塞

入院加療などはアバウトでいいのでその年を把握しましょう。

アレルギーについても、

(例)

  • 花粉症、アトピー性皮膚炎
  • 合わない薬があった
  • 食物アレルギー
  • ハウスダスト

ざっくりでよいので把握しましょう。

3. 内服薬

普段の飲み薬、点眼など、特に血液サラサラ系(抗血小板薬、抗凝固薬)!

お薬手帳を持参しましょう。

(例)

  • バイアスピリン
  • パナルジン
  • ワーファリン
  • オパルモン
  • 小児用バファリン
  • ブラピックス

4. 局所麻酔の時のトラブルの有無

局部麻酔、部分麻酔とも呼ばれます。歯科での麻酔を多くの人が経験しています。麻酔をして、

  • 気分が悪くなった
  • 呼吸が苦しくなった

などのトラブルの経験があるかどうか、です。

5. 過去のまぶたの手術の経験

まぶたの内部の状況を知る重要な情報です。

(例)

  • 眼瞼下垂の手術
  • ふたえの手術(埋没法も含む)
  • ものもらい(霰粒腫、麦粒腫)の切開、手術

6. 複視の有無

両目で見て、ダブって見えることです。眼球運動(目玉の動き)が左右で揃わないと、両目で見て像がずれてしまいます。症候性眼瞼下垂症(筋原性眼瞼下垂、神経原性眼瞼下垂など病気が原因の眼瞼下垂)を疑います。

片方の目で見てダブって見えるのはこの際は含めません(乱視など)。

7. 下垂の症状の日内変動

眼瞼下垂の程度(もしくは複視の症状)に一日の中で変動があるかどうか、です。朝方はぱっちりなのに夕方は下がってしまう…など。重症筋無力症が疑うこともあります。*

*該当したらまずは内科的(神経内科)精査が必要になります。

 

この確認作業だけでも負担があること、分かりますよね。これを準備していけばあなただけでなく、担当医師も負担が減り、より良い濃い診察が可能になりますよ。

意外に大変なのがスケジュール調整

手術枠の空いているところからご案内することが多いです。医院によってが数ヶ月先なんてこともあるでしょう。以下は金沢の医院の対応です。参考までに。

スケジュール帳を忘れた場合

「まぶた治療はしたいけれどスケジュールが分からない…」

この場合は選択肢はふたつ。

プランA:一旦帰宅してスケジュールを確認する。再度来院して治療のスケジュールを決定する。
プランB:暫定的にスケジュールを決定して、術前検査やオリエンテーションを受ける。

理想ではプランAで行くべき。しかし、来院の手間がひとつ増えてしまいます。

そこでプランB。来院の手間をひとつ省くことができます。欠点は、スケジュール変更がうまくいかないと術前検査やオリエンテーションが無駄骨に終わる可能性も。

「新年度のスケジュールが分からない!」というケース

「そもそもスケジュールが分からない」と言う人もいます。

「今度の春休みや夏休みに治療スケジュールを組みたい」と考えている人とか…

そう、「4月にならないと学校や職場の新しいスケジュールが分からないんです」というケースも結構あるんです。

この場合は止むを得ずプランBで仮予約として抑える事になります。

女性のアイコン イラスト
Name
私の都合でスケジュール変更をお願いするのは病院に迷惑なのでは?
かなざわ
病院側の都合で治療スケジュールの変更を患者さんにお願いすることもあります。お互い様です!

フレキシブルに対応していきましょう!

 

眼瞼下垂完全ガイド

「眼瞼下垂って放置するとマズい?眼瞼下垂手術の危険性は?」

あなたのカラダは乗り換えができない唯一かつ一生モノの乗り物。あなたのカラダの事を最大級に真剣に思ってくれるのは、あなた自身に他なりません。

\\まぶたはあなたの命//

無料で「完全ガイド」を手に入れる

LINE版はこちら!(4日間短縮バージョン)(無料)

515人の方が受け取り済みです。

「ネットでの情報収集に疲れた…」「大きなリスクを回避したい」と思う方は、上☝️のボタンから次のページへお進みください。

本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワー…

チェックリスト
最新情報をチェックしよう!