眼瞼下垂で、初めて受診してから通院のために何日空けておく必要があるか?

カレンダー
スケジュール表とにらめっこ

「どのくらいの日数がかかりますか?」

これは初診時の患者さんからよく聞かれる質問です。これはつまり、「実際に来院する日は何日必要か?」という意味です。普段よく話する「ダウンタイム(社会復帰するまでの期間)」とは異なります。

社会生活を営む人にとっては「時間」は重要なリソース。あらかじめ準備あるいは覚悟が必要です。

眼瞼下垂の治療を受けるまでと受けてから

いざ、眼瞼下垂治療をしたいと考えだしてから、実際に手術を受けるまで、そして受けてからの流れを示します。

  1. まぶたに興味を持つ。自分が眼瞼下垂症なのでは?と思う。
  2. インターネットで情報収集を行う。(あなたは今ここですね?)
  3. まぶた治療を前向きに検討する。
  4. 相談する病院、医院を探し、治療を相談する医師を決める。
  5. 医院に電話して、診察の予約を取る。
  6. 予約日に医院を訪れ、担当医師の診察を受ける。
  7. 治療の適応がある(手術をすることが望ましい)と判断されたら、治療の内容や経過、リスクについて説明を受ける。
  8. 不明な点があれば質問する。(必要があれば他のクリニックでも相談してみる。)
  9. 健康保険が適用できなければ、料金を確認する。
  10. 医院でスケジュールを相談する。
  11. 必要に応じて採血検査を行う。実際の日の準備(来院時間など)についてオリエンテーションを受ける。
  12. スケジュールに合わせて自分の身の回りの準備(仕事の調整など)を行う。
  13. 当日手術治療。
  14. (医院による)翌日、創部チェック。
  15. 一週間後、創部の糸を取る。
  16. (医院による)1ヶ月後、3ヶ月後、半年後に仕上がりの評価

以上です。

実際に病院に足を運ぶ日

医院に足を運ぶ日です。(以下、上の番号とは一致しません)

  1. 初診
  2. 術前検査とオリエンテーション(初診の日に行うこともあります)
  3. 手術
  4. 翌日の創部チェック
  5. 抜糸
  6. フォローアップ(1ヶ月、3ヶ月、半年)

です。

医院によって多少異なりますが、おおよそこの程度の来院が必要です。

追伸

なぜ、この記事を作ったかというと、私自身が「某検査をしたい」と思い立ち、真っ先に頭に浮かんだのが「何日かかるかな?」だったからです。自分の知らない世界って何も分からないし、自分の経験から予測することもできないのでもどかしいですね。

 

 

 

 

カレンダー
最新情報をチェックしよう!
>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話も盛り込みました。


まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG