手術者の視点からみた眼瞼下垂症手術の動画(専門家向け)を作りました

眼瞼下垂手術の動画

「眼瞼下垂手術を勉強し始めた」という若手形成外科医師向けです。テキストとにらめっこしても、なかなか理解しにくいのが外科手術の世界です。

もしくは、眼瞼下垂症の治療を検討している人で、より深く理解したいと言う人向け。この流れを知ると、手術を受けている最中(何も見えなくても)も何をされているのかがよく分かるようになるでしょう。

眼瞼下垂の治療を検討している人はとても勉強しているなあと実感します。「ネットで動画を見ました」などという人も少なくありません。

参考:

3部に分けて動画を作成

  1. 皮膚切開〜挙筋腱膜を露出
  2. 挙筋腱膜の処理
  3. 腱膜固定〜皮膚縫合

全て大事なプロセス。一般的な形成外科医が行なっている、標準的な(多分😅)眼瞼下垂症手術(挙筋前転法)です。

動画は上下逆さまです。これは手術者の視点です。患者さんの頭の上から覗き込むカタチですね。

(1)皮膚切開〜挙筋腱膜の露出まで

メスの入る瞬間を執刀開始とします。だからこの段階は局所麻酔は終わっています。挙筋腱膜を露出するまでに、皮膚、眼輪筋、隔膜前脂肪と隔膜を剥離します。

眼輪筋の下の隔膜を開くと、みずみずしい眼窩脂肪がプリッと現れます。この下に挙筋腱膜があるのです。

私の手術の特徴:止血操作が比較的少ないです。湿らせたガーゼで血液を拭う操作が多いかも。

(2)挙筋腱膜の処理

より専門的な内容です。挙筋腱膜を固定する前の処理です。腱膜の偏りをなおし、挙筋腱膜が均質な「面」で機能するようにします。

ベッドのシーツが外れてずれてしまったら、一度外してバサッとシワを伸ばして乗せなおしますよね。そんなイメージです。

挙筋腱膜の外角を外す工程は必ずしも全例に行うものではありません。ケースバイケース。このプロセスだけで目が開きやすくなる人もいます。

(3)腱膜固定〜皮膚縫合

挙筋腱膜を瞼板に固定します。この瞬間に眼瞼挙筋の力がフルに伝わるようになります。このケースでは3点固定しています。1点固定するごとに、目の開き加減と目の輪郭を確認します。

患者さんへ:「目を開けてみて」と指示するので、天井を見つめるイメージで真正面をまっすぐ見てください。もしくは、「わたし(術者)の指を追ってください」と言うので、術者が差し出した指を見つめ、視線を上に向けたりしましょう。

腱膜の固定が終わったら、皮膚を縫合して終わります。

私の場合は、皮膚縫合の段階で麻酔から1時間弱くらいです。麻酔が切れ始めると、ヒリヒリ感、もしくはちくっと痛みを感じることもあります。麻酔を追加します。
以上が、眼瞼下垂症手術の流れでした。直後に仕上がりを確認しますが、腫れの影響と表情筋の緊張バランスの変化(主に前頭筋)の影響で実際の仕上がりとは異なるのが注意点です。

私ならではのスペシャルな手技があるわけでもありません。高度な先進医療器具が使われているわけでもありません。シンプルな手術器械(ピンセットとハサミ、持針器など)と電気メス(正確には高周波ラジオ波メス)です。

患者さんの眼瞼下垂の程度、年齢、栄養状態、骨格もろもろに大きく差があります。手術の際の視野もそれによってだいぶ変わってきます。

この記事が作成されたのは2019年ですが、この動画は2017年に撮影されたものです。術式はアップデートされます。内容は少しずつ変わると思われます。

動画使用にご協力いただきました。ありがとうございました。

追伸

いよいよ夏に突入ですね。この記事と動画の作成はノートパソコンを使用しましたが、キーボードが熱を持つようになりました。指先に熱が伝わってくるので指を休ませながら作業しています。

デスクトップ型がいいのかなあ。

USBファン
キーボードに風を送ります^ – ^

眼瞼下垂治療完全ガイド

「完全ガイド」メール版(無料)

公式LINE版はこちら!(無料)

なぜ眼瞼下垂治療で失敗してしまうのか?20年以上の経験から紡ぎ出された対策です。

そして情報収集の旅もここで完結です。

特典:筆者の手術体験記、本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワード、手術併発症リスト(PDF)
眼瞼下垂症手術の動画
最新情報をチェックしよう!