眼瞼下垂術後にメガネが合わなくなった・・・頭位変化だ

メガネが合わない?
メガネが合わない?

眼瞼下垂手術一ヶ月後の患者さんから「メガネが合わなくなった」との訴えを聞きました。

先日、眼瞼下垂症手術後の視機能の変化についての記事を載せましたが、

今回のケースでは、視機能の変化と言うよりはメガネとの相性が変わってしまうという現象でした。

その患者さんからのご指摘によると・・・

Name
いままで顎を突き出してたが、術後は顎を引いた状態になった。遠近両用レンズメガネを通してものを見る際の、目と眼鏡のレンズとの位置関係が変わってしまったので見え方が違うんです

メガネを使用しているみなさんも試してみてください。

通常の(顎を引いた状態)姿勢でメガネを掛けてモノを見るのと・・・

顎を突き出した状態でメガネを通してモノを見る(メガネを高い位置や鼻先にズリおろして低い位置にしてみたり)

見え方が大分変わりますね。

頭位(頭のポジション、傾き)によって変わるんです。

またひとつ、患者さんから教えてもらいました。m(_ _)m

 

CTA用眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではありません。

”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

”そもそも眼瞼下垂の予防法はないのか?”

さらに踏み込んだ内容を形成外科専門医が説明します。

教室をのぞいてみる

教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。

メガネが合わない?
最新情報をチェックしよう!