眼瞼下垂術後にメガネが合わなくなった・・・頭位変化だ

こんにちは金沢です。

メガネが合わない?
メガネが合わない?

眼瞼下垂手術一ヶ月後の患者さんから「メガネが合わなくなった」との訴えを聞きました。

先日、眼瞼下垂症手術後の視機能の変化についてのブログを載せましたが、

今回のケースでは、視機能の変化と言うよりはメガネとの相性が変わってしまうという現象でした。

その患者さんからのご指摘によると・・・

[voice icon=”https://manabuta.jp/wp-content/uploads/2017/05/woman_question.gif” name=”名無し” type=”r”]いままで顎を突き出してたが、術後は顎を引いた状態になった。遠近両用レンズメガネを通してものを見る際の、目と眼鏡のレンズとの位置関係が変わってしまったので見え方が違うんです[/voice]

メガネを使用しているみなさんも試してみてください。

通常の(顎を引いた状態)姿勢でメガネを掛けてモノを見るのと・・・

顎を突き出した状態でメガネを通してモノを見る(メガネを高い位置や鼻先にズリおろして低い位置にしてみたり)

見え方が大分変わりますね。

頭位(頭のポジション、傾き)によって変わるんです。

またひとつ、患者さんから教えてもらいました。m(_ _)m

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG