なぜ目をこすると眼瞼下垂が進行するのか?

こんにちは。金沢です。

以下の人は眼瞼下垂の進行が早いです。

  • まぶたをこする習慣のあるヒト
  • コンタクトレンズを長期に使用しているヒト

なぜ、まぶたをこすったり引っ張ったりすると下垂になるのでしょうか?

挙筋腱膜の下にいるミュラー筋
眼瞼挙筋の解剖

このマブタの縁へのつながりがとてもルーズになっているのです。眼瞼挙筋はまぶたを持ち上げる筋肉です。この筋肉は目玉の裏から目玉の上を回り込んで、マブタの縁につながります。

図のイラストの②が眼瞼挙筋腱膜です。

動力を伝える最後の作用点で、「ボルトが緩んでいる」状態です。自動車でいうとマニュアル車(古い?)で常に「半クラッチの状態」で動力を伝えているのです。

その上挙筋腱膜自体も長期間の刺激でのびやすい構造です。パンツのゴムのよう。

眼瞼の手術をしている医師は皆知っています。挙筋腱膜は簡単にスルスルとはがれます。アキレス腱のように硬くがっちりつながっていません。

この構造が破綻すると、眼瞼下垂になるのです。

慢性的な刺激による破綻原因として、こする習慣、コンタクトレンズ、お化粧などがあります。

急にこの構造を壊すイベントとして、打撲、挫創(ケガ)、感染症、目やマブタの手術(二重の手術やものもらいの手術など)があります。

一度破綻した構造はリハビリテーションや薬では修復できません。

ゆう
わたしは必要以上にこすらないようにしています。あなたも気をつけてね 🙂
>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクと利益を冷静に評価したいですか?”
当然ですよね。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話を盛り込みました。嘘偽りのない真実です。まぶた治療に誘導するものでもありません。適性のない人はむしろ治療をしない方向に誘導するくらいですよ。

まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG