なぜ目をこすると眼瞼下垂が進行するのか?

こんにちは。金沢です。

以下の人は眼瞼下垂の進行が早いです。

  • まぶたをこする習慣のあるヒト
  • コンタクトレンズを長期に使用しているヒト

なぜ、まぶたをこすったり引っ張ったりすると下垂になるのでしょうか?

挙筋腱膜の下にいるミュラー筋
眼瞼挙筋の解剖

このマブタの縁へのつながりがとてもルーズになっているのです。眼瞼挙筋はまぶたを持ち上げる筋肉です。この筋肉は目玉の裏から目玉の上を回り込んで、マブタの縁につながります。

図のイラストの②が眼瞼挙筋腱膜です。

動力を伝える最後の作用点で、「ボルトが緩んでいる」状態です。自動車でいうとマニュアル車(古い?)で常に「半クラッチの状態」で動力を伝えているのです。

その上挙筋腱膜自体も長期間の刺激でのびやすい構造です。パンツのゴムのよう。

眼瞼の手術をしている医師は皆知っています。挙筋腱膜は簡単にスルスルとはがれます。アキレス腱のように硬くがっちりつながっていません。

この構造が破綻すると、眼瞼下垂になるのです。

慢性的な刺激による破綻原因として、こする習慣(まぶたの皮膚炎など)、コンタクトレンズ、お化粧などがあります。

関連記事:『アトピー性皮膚炎で眼瞼下垂症になるの🤔?対処法は?』

急にこの構造を壊すイベントとして、打撲、挫創(ケガ)、感染症、目やマブタの手術(二重の手術やものもらいの手術など)があります。

一度破綻した構造はリハビリテーションや薬では修復できません。

かなざわ
わたしは必要以上にこすらないようにしています。あなたも気をつけてね🤗

CTA

「眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではない」ってご存知ですか?

「術後血腫を生じた患者さんのその後の経過は?」「他院でどんなトラブルが起きているのか?」…興味はあってもなかなかそのような情報に辿り着けません。

\\1週間だけ集中して講座を受けてみませんか?//

メール講座のご案内はこちら!

「さらに詳しい情報をしっかり学んでみたい」「大きなリスクを回避したい」と思う方は、上☝️のボタンから次のページへお進みください。

本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワードも取得できます。

挙筋腱膜の下にいるミュラー筋
最新情報をチェックしよう!