マブタ手術におけるトレードオフ|眼瞼下垂症

こんにちは。金沢です。

左右のバランスは絶妙にコントロールされている。
あちらを立てればこちらが立たず・・・

トレードオフ

 

まぶたの手術に期待することで相容れないものが同居することがあります。

まぶた手術の結果にたいする不安、不満。
まぶた手術の難しさ。

まぶた手術には二律背反が多いことが原因と思われます。

皆さんの視点からは

「目を大きくしたい。・・・・・けど印象は変えたくない!」

「おでこの皺は取れたらいい。・・・・・けど眉は下げたくない・・・・」
(おでこのチカラがゆるみ、しわが減ることは眉が下がることを意味します)

「幅広二重がほしい。・・・・目も大きくしたい。」(目が大きくなると二重は引っ込んで幅が小さくなります)

術者の立場からは・・・・

「麻酔をきっちり効かせたい。・・・麻酔の量で腫れと麻痺が生じ、これが仕上がりの評価を難しくする。」

「時間をかけて細部までこだわって仕上げをしたい。・・・時間がかかると麻酔が切れ、腫れが強くなり、評価が難しくなる。」

「ミュラー筋を触らずに終えたい。・・・・けいれん患者さんはミュラー筋を外さなくてはならない」(ここ最近のトピック)

まだまだ有りそうですが、まずは第一弾として。。

(2015年7月8日 修正)

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG