眼瞼下垂手術におけるトレードオフ

左右のバランスは絶妙にコントロールされている。
あちらを立てればこちらが立たず・・・

トレードオフ

まぶたの手術に期待することで、相容れないものが同居することがあります。

まぶた手術には二律背反が多いことが原因。両立しないふたつの事項です。

まぶた手術を難しくしているもの。

そして患者さんを悩ませるものです。

皆さんの視点からは

「目を大きくしたい。…けど印象は変えたくない!」

「おでこの皺は取れたらいい。…けど眉は下げたくない…」
(おでこのチカラがゆるみ、しわが減ることは眉が下がることを意味します)

「幅広二重がほしい。…目も大きくしたい。」(目が大きくなると二重は引っ込んで幅が小さくなります)

術者の立場からは…

「麻酔をきっちり効かせたい。けども麻酔の量で腫れが大きくなり、さらに筋肉も麻痺が生じ、これが仕上がりの評価を難しくする。」

「時間をかけて細部までこだわって仕上げをしたい。…時間がかかると麻酔が切れ、腫れが強くなり、評価が難しくなる。」

「ミュラー筋を触らずに終えたい。…けいれん患者さんはミュラー筋を外さなくてはならない」(ここ最近のトピック)

まだまだありそうですけど。

(2015年7月8日 修正)

CTA眼瞼下垂ガイド

「完全ガイド」メール版(無料)

公式LINE版はこちら!(無料)

「ネットでの情報収集に疲れた…」「大きなリスクを回避したい」と思う方はご活用ください。

そして情報収集の旅もここで完結です。

特典:本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワード、手術併発症リスト(PDF)
左右のバランスは絶妙にコントロールされている。
最新情報をチェックしよう!