まぶた治療に特化した形成外科専門医が作った眼瞼下垂情報

眼瞼下垂症で二重の幅のコントロールができるか?

「眼瞼下垂の手術を行って、仕上がりで二重の幅を好み通りにできますか?」

結論から申し上げますと、

ある程度はデザインや手術操作でコントロールできますが、結果は保証できません・・・

眼瞼下垂症手術後に二重幅を決める大きな要素に、眉の位置の変化があげられます。

眉が下がると二重幅は小さくなります。

眼瞼下垂症手術の直後から

  • 眉毛の位置が下がるヒト
  • しばらくしてから下がるヒト
  • または下がってもしばらくしたらまた挙がってくるヒト・・・

それが左右差を持って現れるヒトもいます。もちろん変化無いヒトも。

この変化は形成外科医でも予測つきません。従って、仮に手術直後に好みの二重幅ができてもそれが持続する保証もないのです。

そこで、当院では初回手術は修正の余地を残せるデザイン(皮膚切除は最小限)にします。

関連記事:『ふたえの幅の左右差』

追伸

自分で鏡を見るときと、外に見せている時とで顔の力の入り加減が違うこともままありますよ。これは第三者にスナップ写真をとってもらうと分かります。

 

眼瞼下垂完全ガイド

「完全ガイド」メール版(無料)

公式LINE版はこちら!(無料)

なぜ眼瞼下垂治療で失敗してしまうのか?20年以上の経験から紡ぎ出された対策です。

そして情報収集の旅もここで完結です。

特典:筆者の手術体験記、本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワード、手術併発症リスト(PDF)
最新情報をチェックしよう!