眼瞼下垂手術後の皮膚のしびれ(知覚鈍麻)と知覚過敏

眼瞼下垂術後の皮膚の痺れ
まぶたのフチの感覚がなくなる

切開した後の皮膚の感覚がない

切開すると皮膚がしびれます。傷の近くは皮膚の感覚が鈍くなります。

局所麻酔の効果が残っているような感覚です。女性はアイメークをするのでこの現象に気づきます。

「感覚の麻痺」、「知覚鈍麻」などと表現されます。

ほぼ全例で起きている現象です。問診しても「気にならない」「分からない」という患者さんもいますが、よく調べれば知覚鈍麻はあると思われます。

なぜ感覚が鈍くなるのか?

それは手術で知覚神経にダメージを与えるからです。

まぶたの知覚を担当する神経の枝は、目頭、眉、目尻からやってきます。この枝を引っ張ったり、切断することで神経伝達がなくなり、感覚が消失します。

関連記事

 [caption id="attachment_1051" align="aligncenter" width="300"] まぶたの知覚神経[/caption]Photo: undefined by Interne[…]

まぶたの知覚神経

電気コードが断線するようなものです。

まぶたの知覚
滑車下神経、滑車上神経、眼窩上神経、涙腺神経、頬骨神経、眼窩下神経

出典:”Surgical Anatomy: Around the Orbit”より

神経の走行には個人差があります。まぶた手術やまぶたの怪我の経験によっても大きく変わってきます。したがって術後にシビレが生じる領域も個人差があります。

なお、(単純なふたえの谷間の切開だけなのに)眉尻にかけての皮膚が知覚鈍麻になった患者さんもおられました。

半年程度で知覚は回復する

早い人で1ヶ月、多くの人は半年程度で回復します。

ダメージを受けた神経の枝は元の鞘(電気ケーブルの樹脂のカバー)にそって再生します。もしくは周りから神経の枝が伸びてきます。

その結果感覚が戻ってきます。(その過程では知覚過敏のような症状が出ることもあります。)

半年くらいかけて回復しますが、回復度合いは概ね7割程度と考えてください。

長い目で見てくださいね。

注意:麻痺というと、「運動麻痺」を連想するかもしれませんが、この場合は知覚神経の麻痺です。

まぶたの皮膚の異常知覚も生じる

ピリピリ感、ツッパリ感を感じる人もいます。特に目頭側!

要因としては、目頭側に神経が集中していることが挙げられます。さらに眼輪筋や眉毛下制筋、皺鼻筋の筋線維も目頭に集中しているため、筋肉の動きの刺激も拾いやすいかもしれません。

徐々に改善します。

「古傷が痛む」という表現もあります。何年かしてもシクシク感じる時もあるはずです。

 

CTA用”眼瞼下垂治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師金沢はなぜ自ら眼瞼下垂症手術を受けようと思ったのか?その経緯は?”
”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

個人的な体験、解釈、裏話もあります。

まぶた教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

講座の詳細はこちらへ

眼瞼下垂術後の皮膚の痺れ
最新情報をチェックしよう!