まぶた治療に特化した形成外科専門医が作った眼瞼下垂情報

まぶたで健康革命

「まぶたで健康革命」

眼瞼下垂症とその随伴症状について生理学的な観点から説明しています。

眼瞼下垂がなぜ肩こり頭痛をもたらすのか?

どうすればそれらの症状を軽くできるのか?

筆者の松尾清先生にお会いしたとき、「私は生理学者ですから・・・・」とおっしゃっていたのが印象的です。

膝蓋腱反射と同様にまぶたにも組織の伸張を感じ取るセンサーがあり、筋(前頭筋、眼輪筋、眼瞼挙筋・・・)の収縮が反射的にもたらされることが確認されています。

信州大学形成外科学教室では今もマブタの生理学が研究されています。

学会の度に新しい知見を報告されています。時間があれば自分の理解なりに紹介します。

眼瞼下垂完全ガイド

「完全ガイド」メール版(無料)

公式LINE版はこちら!(無料)

なぜ眼瞼下垂治療で失敗してしまうのか?20年以上の経験から紡ぎ出された対策です。

そして情報収集の旅もここで完結です。

特典:筆者の手術体験記、本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワード、手術併発症リスト(PDF)
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!