まぶたで健康革命

「まぶたで健康革命」

眼瞼下垂症とその随伴症状について生理学的な観点から説明しています。

眼瞼下垂がなぜ肩こり頭痛をもたらすのか?

どうすればそれらの症状を軽くできるのか?

筆者の松尾清先生にお会いしたとき、「私は生理学者ですから・・・・」とおっしゃっていたのが印象的です。

膝蓋腱反射と同様にまぶたにも組織の伸張を感じ取るセンサーがあり、筋(前頭筋、眼輪筋、眼瞼挙筋・・・)の収縮が反射的にもたらされることが確認されています。

信州大学形成外科学教室では今もマブタの生理学が研究されています。

学会の度に新しい知見を報告されています。時間があれば自分の理解なりに紹介します。

 

CTA用眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではありません。

”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

”そもそも眼瞼下垂の予防法はないのか?”

さらに踏み込んだ内容を形成外科専門医が説明します。

教室をのぞいてみる

教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!