眼瞼下垂症手術の実際の手順

いざ手術となると怖いものです。どのように手術が進むのか大雑把にその流れを知っておくと怖さも和らぎます。どの医療機関でも似たような流れになるでしょう。

眼瞼下垂症手術の手順

1)皮膚切開のデザイン(マーキング)2)局所麻酔の注射。まぶたへ直に注射します。3)皮膚切開。4)眼窩隔膜を開いて挙筋と挙筋腱膜を露出します。

眼瞼解剖矢状断
まずは横からのまぶたの解剖
眼瞼下垂手術
隔膜を開く

5)翻転した隔膜(挙筋腱膜)と瞼板とを非吸収糸で縫合固定します。

腱膜固定
腱膜固定の糸を通します
腱膜固定
糸を結んで腱膜が瞼板へ固定された

6)マブタの開き具合を確認します。

7)必要に応じて瞼板との固定を直します。

8)皮膚を縫合して閉じます。

眼瞼下垂手術の最後の皮膚縫合
皮膚縫合
眼瞼下垂の手術の流れ
正面から

(注:イラストはデフォルメされています)

左まぶたの眼瞼下垂症手術動画はこちら。わかりやすいように4分にまとめたダイジェスト版です。

◎伴緑也. 眼瞼下垂症手術:開瞼抵抗を処理する眼瞼下垂症手術 PEPARS No.87:73-80 2014

◎Ban M, et al. Developed lower-positioned transverse ligament restricts eyelid opening and folding and determines Japanese as being with or without visible superior palpebral crease. Eplasty. 2013 Jul 5;13:e37.

※術中の調整について

術中にまぶたの開き具合を何度も確認します。解剖学的、病理学的、神経生理学的あるいは医原性(麻酔など)に開瞼量の調整が困難になる場合もあります。過度な侵襲が適切でないと判断された場合は無理をせず、適当な位置に収めます。後日次の手段を検討します。

 

CTA用眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではありません。

”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

”そもそも眼瞼下垂の予防法はないのか?”

さらに踏み込んだ内容を形成外科専門医が説明します。

教室をのぞいてみる

教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。

眼瞼下垂の手術の流れ
最新情報をチェックしよう!