学会レポート 基礎学術集会 瞼裂狭小症候群シンポジウム

10月4,5日に福島で日本形成外科学会基礎学術集会が催されました。その中で先天性の眼瞼異常に関するガイドラインシンポジウムが行われました。

私が担当したのは「瞼裂狭小症候群」の治療部門。

先天的に「眼瞼下垂症」と「蒙古ひだ」、「瞼裂狭小」が認められるものです。

頻度の少ない疾患のため、ガイドラインを作るための十分なエビデンスを得ることが出来ず、大変悩みました。結果的にはシンポジウムでもガイドラインのあり方について若干揉めました。

とある雑誌に仏教特集がありました。

「仏教は真理が与えられることはない。ズーっと考え悩み続けることが大事。与えられたり、見いだすのはあくまで暫定解である」

といった内容。

ガイドラインのあり方についてはまさにこの発想でいいのかなと思いました。

医学というものは、真理を追究してもそれを得ることは大変難しいと考えています。またその時代の価値観が多分に影響するものですから、ガイドラインもあくまで「暫定解を導くもの」と考えれば良いのでしょう。

そう思ったら肩の荷が下りる思いがしました。

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG