眼瞼下垂症手術の適応

夏だ!ひまわりの写真
夏だ!
金沢です。

いよいよ猛暑が始まりそうな気配です。脱水に注意しましょうね。

とくにゴルフは2ホール目が血管障害のトラブルが多いそうです。気をつけましょう!

ところで眼瞼下垂症の手術の適応について。

 腱膜固定術の適応は腱膜性眼瞼下垂症や老人性眼瞼下垂症、眼瞼挙筋の力が残存している症候性眼瞼下垂症、先天的に瞼が重たくて睫毛内反症を合併している場合などです。
 神経原性疾患(神経の麻痺など)や筋原性疾患(重症筋無力症など)が原因で瞼が下垂することもあり、この場合はまずは原疾患の治療を行っていただきます。
これらの治療で今以上の改善が期待できなくなったとき、眼瞼下垂症手術を検討することもできます。例えば重症筋無力症、ホルネル症候群、脳血管障害による眼瞼下垂症は適応になります。眼瞼挙筋の力が無い場合は筋膜移植を行います。
>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG