眼瞼下垂手術後の白いぶつぶつは稗粒腫(はいりゅうしゅ)かも

稗粒腫
まぶた術後の稗粒腫

「マブタに白く硬い点のようなしこりが・・・、これは治りますか?」

眼瞼下垂症術後に皮膚の切開線の近くにぽちっとした白い粒が出来ることがあります。かゆみなどの自覚症状はありません。

これは稗粒腫(はいりゅうしゅ;milium)です。

「ひりゅうしゅ」と呼ぶヒトもいます。

まぶたの手術が原因?

稗粒腫はまぶた手術に関係なく現れる皮膚腫瘍の一種です。しかし、ちょっとしたやけどや外傷、手術から二次的に生じる続発性稗粒腫もあります。まぶた手術後に生じたら、まぶた手術が原因の稗粒腫です。眼瞼手術の合併症の一つです。

術後間もない、創部が硬い時期に見られます。

皮膚の分泌腺の出口が塞がってしまい、角質がたまると思われます。

稗粒腫の治療は?

そのまま放置すれば数ヶ月で自然に治ります。

気になるようなら針でつついて内容物を排出します。

稗粒腫|症状や原因・診断と治療方法など – gooヘルスケア

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG